働いてるお店のそばに
イベントステージがあるもので、

実はかなり日常的に
いろんなアーティストさんのステージを
チラ見できる。


…あくまで勤務中なので
ステージ前まで行って正面から眺めるわけには
いかず、

遠目でも見られればいいほうで、
大体は仕事しながら
余裕があれば耳傾ける程度。



それで前に、

石川綾子さんてバイオリニストさんが
演奏に来ててね。



いやーーーーーー………


凄かった。



聴き入った、し

見入った。とても。(遠目で) 




真っ赤な振袖を
アレンジした和服ドレス姿で

まーーー華やかだったのなんの。


そして和服で、(洋物の)バイオリンを弾く

っていう、正反対な組み合わせを

見事マッチさせて
完全オリジナルの姿を確立しており…


そしてその衣装の破壊力にまったく劣らない、
徹底的な演奏…


美人さんだし、

きっとそれをわかって最大限に生かしてらっしゃるのでしょう、
バイオリンを弾くその姿がただただ美しい…

振り乱す長い艶髪まで美しい…



演奏する曲は、

集まったファンも、たまたま寄ってきた観客も、
遠くで「何かやってる」って気にするお客さんも、

みーーーんなが

一度は耳にしたことあるような、
アニメの曲や、J-POPの流行ソング。 

でも、バイオリンでこれ弾くの!?って
思わず思っちゃうような選曲ばかり。


だからとにかく
人がどんどん集まってくる。 

聴きたいって、思わせてるんだねぇ。。






いやーーーーー……


これぞ「魅せる」かあ。。。。。。。



と、思いました。





実は、前日そこでチャリティーコンサートがあり、

私はそのときたまたま
別のバイオリニストさんの演奏
一瞬チラ見してたんだけど、


………その差は歴然。。


そのときのバイオリニストさんは
衣装は当然、ド派手なオリジナル振袖なわけなく、
一般人が披露宴行くような私服。


バックミュージック流しながら演奏するわけでもなく、

楽譜ガン見しながらの演奏

…でした。

楽譜頼っちゃってる時点で、
もう魅せる度は下がるわな。。




改めて、

ああ、石川さんて、「魅せる」意識ハンパない人だわ…

と思ったのでした。



で、


演奏終わったあとの…


ギャップがまた、ずるいよね。


あーーーーんな格好いい演奏して
こちらにため息もらさせてんのに、

いざ喋ったら
「えええ」とズッコケそうな、萌え系。。


なんじゃそりゃあああ。 



いや…

あれも「魅せる」技の一つだな。。


格好いい、からのギャップ。

急に親しみ湧く安心感。

近くにいたら話しかけたくなっちゃいそうな
安定スマイル。



絶っっっ対、血のにじむような練習重ねてこなきゃ
あんな演奏できるはずないのに、

その必死こく姿を想像させないところが

また素晴らしい。。 


すごいわ。プロとはああいう人を言うのだわ。。




てっきりいつも和服ドレスでバイオリン弾く人なのかと
思って検索してたら、

メイドさんコスプレで
BABYMETALの曲弾いてる動画もアップされてた。。
(思わず見た。)
 

ジャンル幅広すぎて度肝抜かれるぜ。。



「楽しんでる人だなあ」と思わせるのが、
また素敵。

相当な努力を積まなきゃ
あの「楽しい」は手に入らないだろうに、

やっぱりその必死こく部分は
笑顔の仮面に隠れて見えない。



同じステージ上でも、
「プロだ」と思わせる人たちはやっぱり違う。

ON/OFFが明確というか。

ONになったときの
まるで何か降ってきたかのような「なりきり」が、

プロ。


魅せる意識がある。


すごいね…




…別に私、石川さんのまわしもんじゃないですが(笑)
よろしければYouTubeはコチラ。