私が働いている所の近くでは、
よくアーティストがミニライブをするからね、

必然的に、それぞれのファンの動きも
何十回とチラ見してきている。 


で。
K-POP男性グループがライブをするときは、
「……だれ?」と思ってしまう私が
おかしいのかと思うほど

大体、ものすんごい数の女子が集まっており。 
みんな、何時間と立ちっぱなしでずっと待ってるわけ。


いざステージ始まれば、
「いや、そこ絶対意味ないでしょ」と思うくらい
何も見えないであろう遠い場所までファンがいて。

必死でメンバーを呼ぶ女の子たちの声。
メンバーのちょっとした言動には悲鳴の嵐。


……もうとり憑かれてるようにしか見えない。
(私にとっては、ただの知らないイケメンたち)


それはもうさすがに見慣れて
驚かなくなったけど。





最近、ライブ直後に
やたらその女の子たちみんなが
その場でうずくまって必死で化粧直しするよなあと

気付いて不思議でね。(かなり異様な光景)


ライブ後に大体、握手会とかやるから、
そのためかなと
はじめは思ってたけど……


ふと

その女の子たちの
その後の流れを見て、

ビックラ仰天。 






自分の希望のメンバーのところに並ぶと
そのメンバーとツーショットが撮れる

んだけど、(現地でCD買った人たちの特典)


それが

ふつ~に二人並んで写真を「ハイポーズ」で撮る
ツーショット、のイメージではなく。 



もはや完全に、
カップルの自撮りでwww




ファンの女の子が、自分のスマホを
好きなメンバーに渡すとね、

その彼は
スマホを天にかざし(笑)

そのままその女の子の肩を抱き寄せて
二人でハイチーズ♡ の、自撮り

なわけ。

第三者のカメラマンが存在しないからこそ、
余計に感じる「二人だけの時間」!!!



ナニコレビックリ!!!!!

時代の進化すげー!!!!!笑


ファンが
憧れの相手にここまで接近できるのが
当たり前の世の中!!!! 




てか、何十人て女子を
次から次へと
慣れた手つきで自撮りしてさばく彼らも
凄かったけどwww 





ははあ。。

こうやって女子は
どんどんハマっていくのかなあ。

また会いたいって全力で恋して

なんとか目を合わせたいと
必死で名前を叫んで
手作りのウチワ振って

ちょっとした仕草にキュン死にして。



そんな彼女たちを
遠目に見ながら


ああ

私、最後に「キャー」って叫んだの
いつだ?


と、思わず考えてしまった。。。。

(結局思い出せなかったレベル) 


会話の中で自然な「きゃあ」は
よく言っていても、

「叫び(悲鳴)のキャー」は、

ないに等しい。



あんなふうに
悲鳴あげるほどアイドルに恋したら、

楽しいんだろうか。
それとも辛いんだろうか。





化粧室でもない公共の場で
しゃがみこんで必死に化粧直しする女の子たち、
 
みーんな


私にはそっくりに見えて。


髪の感じも、メイクの感じも、服の感じも

ぜんぶぜーんぶ。


彼女たちにとっては、
それぞれ個性発揮してるんだろうけど、

傍目には、
「なんか最近の女子って
大体みんなこういう感じだよね」って

一括りにされちゃいそうな似た感じ。 




……なんだかなあ。。
これでも幸せなのかなあと

(超余計なお世話だけど)思うのでした。。


だってきっと、
どんなに一生懸命かわいく自分を盛ったって、
この日のための勝負服を着てきたって、

傍目のこちらには「似たようなもん」て
写っちゃってるくらいだから、

何十人と連続して女子と接触してる彼らにも

きっとそうでしょう……?



「わあ、この子カワイイ!
あとで何とかして連絡とりたい!」

とか、ないでしょう?(知らんけど)


自分と撮影したあとに、
全然また別の女の子に
同じように素敵な笑顔見せてる彼

を、 見るなんて辛いじゃないの。。



そのへんは割り切るのが、
もしかして最近の女子なのかな。 

単純に、イケメンの彼とのツーショットだから
なんとか自分も可愛く写りたい!
という気持ちゆえの化粧直しなのかな。 



なんにせよ、


一生懸命「好き!!!」となってる姿は、
やっぱり

長らく「キャー」を発していない身からすると
どこか羨ましい。



歳とりたくないと思いつつ、

もうそうそう
心の底から悲鳴をあげるほど
アイドルに夢中になることはないだろうと

思ったら、


………私、老けてる。。


と複雑になったのでした。。 





いや、
将来どこかで

氷川きよしファンのおばちゃんみたいに
なってるかも
わからんけど。笑



恋して叫ぶって、

意外とむずかしいのよ。いつのまにやら。