私が苦手なこと、

それは
文を「短く、簡潔に」書くこと。



これはもう
昔っから。


学校で文集に載せる文を書かされても、
仕事でレポート提出させられても、

必ず

最後は
書いた文をいかに削るか、に
頭悩ませていた。。 


絶対、文字数オーバーするという。。




これはね、

決して、文を書くことが得意なわけではなくて、

ただ


「あれもこれもそれもこれも伝えたい病」


……なんだと思う。 





読み手のことを考えて、

こういう表現じゃ伝わらないかな
じゃあ、こういう補足入れようかな

この話をするなら、
このことも書かないとわかりにくいかな

これをわかってもらうには、
まずここから説明したら納得してもらえるかな


……みたいなことを

とにかく想定していくうちに
どんどん長くなる文。。



でも結局、

なぜこんなにも想定しちゃうのかといえば、


ただ「ちゃんと伝えたいから」
の一心なのよね。。



自分が思ってることを
実際とはズレて捉えられるのを避けたい。

誤解招いたり、

そんなつもりないのに
不快な思いさせたり

したくない。



……そんなこんなで、

仕事でメール1通送るときでさえ、
言い方ひとつを気にする。

送信前にやたら読み直す。


……相手は1回こっきりしか
目を通さないであろうに。。 



それでも、
そうわかっていても、

文にはこだわってしまうんだな。。




ただ本当は、
もっと簡潔に、短い文こそ
書きたくて、憧れ。

別にすべてを書こうとはせず、
余白をあえて作るような。


そうやって

読み手へある程度「ゆだねる」余裕が

私にはないんだろうなあ。 



具沢山じゃないほうがいい、
ものもあるのにね。

私が書く文は、いつも

欲張りすぎた豚汁か。。。。





私は生まれてこの方、
お正月のお雑煮は

「白味噌に丸餅」

でしか食べたことがなくて、

他のお雑煮を知らない。


でも、このお雑煮が私は大好き。



我が家は白味噌に、

花形に切った人参と大根、
丸餅入れて、水菜をのせる

以上、というTHE シンプル。



他には里芋入れたり、
水菜じゃなくてほうれん草だったり…
鰹節まぶしたりとか。




でも白味噌はさ、

やっぱりあれこれ入れすぎず
シンプルな具材でこそ、
生きるなあと

ふと思ってね。


あの優しいあまさは、

あれこれ具材詰め込んだり、
お肉とかまで入れたりしたら

消えてしまいそうで。 


味付けも余計なことしたら、
あの白さが濁ってしまいそうで。




入れすぎない。

抑えてこそ、良さが生きる。伝わる。


……そういうこともあるよね。 





と、


お正月関係なく
白味噌を愛用して思う今日この頃。


相変わらず、詰め込みすぎな文でさ。笑



ああ、白味噌みたいな女になりたいわ。