前回書いたことの、続編

になるけれど。




ちょうど1年前、発表会に出たとき

私がウクレレで
スピッツのある有名ソングを弾いたら、



それを聴いた
初めましての先生が、


あとから私に
わざわざ声をかけに来てくださってね。




私、一言も「スピッツ好き」なんて
言ってないし、

弾いたのは誰もが知るヒット曲だったから、

私がスピッツファンかどうかまでは
わからなかったろうに…


ファンとしては思わず
「おお」と思うちょっとマイナー選曲で、
スピッツのある曲のサビを

ウクレレでさらっと

おしゃれに弾いてくださったのです。 

「この曲、好きなんだよねー」って。

たぶん、私の緊張をほぐす意味もこめて。





そのときのことを
私は今でも覚えていて、

なんとなーーく

ずっと


あーあれ教えてほしいなーって
思ってた。 





だから、1年越しだけど、

本当は私の担当の先生じゃないけど、

思い切ってお願いしてみた。 


1回だけレッスン受けさせてほしいですって。 




それでね、
それが私にとって、

スピッツの曲をウクレレで教わる
3人目の先生で。



やっとわかった。


私、
スピッツの原曲よく知らない人に

「音とメロディーを変えられるのがいや」
だったんだって。 




その先生は、

スピッツのその1曲を私に教えるのに

いろんなパターンの弾き方を
教えてくださって、

それはつまり私が前回書いた「変更」に
あたるわけだけど…



違和感なかったから。 




リズムや、音階が原曲と変わるのは
私、問題なかったのです。

拒否反応出なかった。笑



つまりそこを変えることは、

原曲を
アコースティックバージョンにしたり
カフェミュージックにしたりするのと

同じようなことだったから、

「これはこれでいい」と思えたんだね。 



私は、

本来は上げないところを上げたり、
伸ばさないところ伸ばしたり、
歌詞の切れ目を変えられたりするのが

なんかちがーーーーう!だったのかな。 



それを、
スピッツ好きではない人にされるのが

余計いやだったのかも。





変えることすべてが
だめなわけじゃなかった。

むしろ、
変えることが楽しいこともあるし、

そのほうがウクレレらしさ出るものだって

やっと実感できた。






しかし……

先生3人が

見事に三者三様で。


レッスンで求めることも、大事にすることも、
進め方も、ゴールも、、、

ぜーーーーーんぶ
まったく違った。


楽譜をちゃんと書いたり、
コードを自力で聴きとれるようになることを
大事だとする先生。

楽譜もコードも今の時代ネットですぐ手に入るんだから、
それよりリズムパターンを習うことが大事と言う先生。

どっちも強要せず、とにかく楽しくやろうと、
ベースでセッションしてくれる先生。。


ああ


他も知るって
大事だなあと

つくづく思いました。。


1人の先生にずっと習ってたら、
ずっとその世界しかわからなくて、

ずっとそれを当たり前と思い込んでいたかも。




…どの先生がよかったかってのは、
三者三様すぎて決められないけど。

むしろ
3人を足して3で割った先生がいればベスト

ってとこですけど。。笑 




まあ、

私が 好きな曲を練習する上で

何を大切にしたいかはわかったから

いっか。 




最後にひとつ。

スピッツの曲は、


やっぱりスピッツが好きな人に
習いたいや。