隣の芝生はエメラルドグリーン。

みんなの芝生がキラキラでせつないけど、 なんとかウチの芝生も愛したい・・・そんな日々。

2016年10月

◆Tシャツ・トート販売中◆
SHOPはコチラ http://www.ttrinity.jp/shop/3733373/

◆ウクレレYouTube◆
https://www.youtube.com/playlist?list=PLXPWpHb0j8kdP2WJsYefKuE48LJFdrOOV

強烈フィルター


北海道から帰った翌日から
早速なかなかてんやわんやな連勤で

いつから分だ?くらい疲労蓄積…状態になったのか

やっとの休日、
久しぶりに信じられんくらい寝ました。。

泥のように、とはこのことかあ!ってくらい
体が布団に沈み込んでいたような。。



そういう日は、
もう、何かしようとあがく力もないので
自分が生きるための家事しかしない。


が。

とりあえず、ちょうど届いていた
スピッツベルゲンの会報を

ちょっとだけ読みました。


(いつも一気には読めない。。)




そしたら、ライブでやるカバー曲の話が
ちらほら出ていてね。


草野さんが

「カバー曲は "もしかしたら知らないかもしれないけど
すごくいい曲なんだよ"
っていう曲をいつも選ぶようにしているから、」


って話しており。



そ、そ、そうだったのかああああああー



と、思いました。





この前のゴースカのとき、

カバー曲選ぶの、私すんごく困ったので。。
(選択肢が知らない曲だらけで)


あのときは、
タイトルだけじゃどんな曲かほぼわからなかったから、

1曲ずつYouTubeで検索したんだよね。。笑


そしたら、THE BOOMの星のラブレターが
「あー!これは知ってる!」となり、

ぜひともスピッツで聴いてみたいな~~~と思って
選んだのでした。


結果、会場での3択にそれは入ってたけど 
私のいた会場では選ばれず。。聴けず。。

(代わりに三輪さんボーカル聴けてそれはそれで心底感動)


でね、この前

会員特典Ver.の
「醒めない」のDVDやら何やらが届いたときも

入ってたカバー曲は3択の中で別の

Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ で。


あーーあの3択で私が一番知らない曲だ。。

また私は星のラブレター聴けないのね~
とがっくし。





…………が!!!!





何の期待もなく
さらっと聴いた

このカバーが。




なぜか見事に私にヒット。

その後かなりヘビロテしておりました。


大変申し訳ございませんでした。。。。




勝手なイメージで申し訳ないことに
私、Charaさんの歌い方って
どうも

な、なぜこんなくねってうねって歌うのだー…

とモヤモヤしてしまって
あまり素直に気持ちよく聴けなかったのよね。。


だからYouTube検索して聴いてみたときも
そこまで惹かれず
選ばなかった。


のに。





おそるべしスピッツフィルター。


このフィルターを通すだけで

私はこの曲が大好きになったぜ。。
歌詞もちゃんと聴いたぜ。。




強烈。


そう、強烈なの。

この、スピッツフィルター。



そういやスピッツがカバーした曲は

大体

私好きになるのよね。笑
(ちゃんと聴けば)



原曲では大して惹かれなかったはずでも、

一度このフィルター通すと


ちゃんと耳すませて聴く。

で、

その良さを初めて噛み締めることになる。笑



おそるべし。




ちなみに逆は…
あんまりないんだよね、実は。

スピッツの曲を
誰かがカバーしたの聴いてから「より好きになる」ってこと。


こればっかりはですね。。

どうしても、どうしても


いや私はやっぱりスピッツバージョンがいいな


ってなるのです。。


もちろん、カバーされたのを聴いて
「それはそれでいいな」って思うことも多々あるけど、

スピッツの原曲を超えることは、ない。



どうだこの深い愛。笑





ゴースカの曲選んでたときは、

なーぜこんなに知らない曲ばっかり挙げるのー
もっとメジャーな曲でカバー聴いてみたいよー

って、思ってたけど。


そっかあ、

スピッツが、私の知らない「いい曲」を
教えてくれてたのですね。。


これぞカバーの原点。



おそらく世の中には、

このフィルターを通さないと
私が気付かない素敵なものが

まだまだいっぱいあるんだろうな。



曲に限らず、
生きてく中で触れるすべてのものにおいて。

MC聴きながら、会報読みながら、
改めて思ってたけど…


草野さんの知識量は、

たぶん私の500倍(もしくはそれ以上)だ。

お世辞でも冗談でもなくまじで。



私はまだまだ
この強烈フィルターが手放せそうにない。




さて、ツアーも折り返し。

あちこち飛び回る生活は、私には信じられないですが…
どうか各地で待つファンのためにも、身体第一で。

またお月様にお願いしておこう。笑



どんなに小さくても



札幌から帰るとき、

やっぱり寂しかった。


来月またきっと会えるはずだと
わかってても、

それで辛さ半減してても、


…私はあの子との旅が
大好きでしかたないので。




あの子と別れて
一人、飛行機に乗り込んだら



あー…終わっちゃうなあって。



楽しくてただただ幸せな2日間だった分、
終わりの切なさもでかい。


飛行機が飛んで
北海道の地を離れればもう

そのすべてから去るような気分でさ。



で、機内の席について落ち着いてから

思わず泣いちゃいそうな気分で


ふと、窓の外に目をやったらね。





IMG_2261






わああ、って思って

思わずカメラを向けたの。


そしたらこのスタッフさん

カメラに気づいたみたいで
お辞儀したあとに、手振ってくれた。



なんかもう
それだけでこっちも嬉しくなって

私、

思わず笑って
窓から手を振り返したのですね。





そしたら

このスタッフさん、おもむろにプレートひっくり返して


IMG_2262





………かわいい。笑





思わずもう1回撮ったあと、

ありがとうの気持ちで
また手を振っておいた。



そしたらあちらも嬉しそうに
すんごいペコペコお辞儀しながら
手を振ってくれた。










………これもさあ、

距離的には
表情が見えない、のっぺらぼうの距離

だったの。


でもね、


なぜか、「笑ってくれてる」って思えたし、

私に気付いてやってくれてるんだってわかった。
もう何の疑いもなく。


だからすごく嬉しくて、

私もとびっきり可愛い笑顔見せようって思った。






きっとね、

あちらにとっては
毎日、毎便、やってるようなことなんだと思う。


私もホテルで似たようなことやってたから
なんとなくわかるけど、
もはや業務の一環というか。


日付をちゃんと毎日変えて、
毎回そのときそのときのお客様のために

こんなお見送りをいつもしてるんだと思う。


ハロウィンの言葉は、この期間限定だろうけど

少なくとも私と何日か前後するお客様は
みんな同じあのプレートを見てるだろうしね。




それでも、

そんなこと想像できても、


私は心からありがとうって思って、

離陸の寂しさが
一気にあたたかい気持ちに変わった。


素直に、
ああまた来たいな、って。



たったこれだけで。







そう、

どんなに、どんなに小さくてもね、


「思いがけないプレゼント」って


ものすんごく
喜んでしまうものなの。


たとえお金がかかってないようなものだとしても、

取り急ぎで用意したようなものだとしても、

みんなに配ってるようなものだとしても。



なんでも。




予想してなかったタイミングで
思いがけず差し出されると、

そのちょっとした愛に
心が思いっきり動く。


その「物」が嬉しいんじゃなくて、

その「心」がまず伝わってくるからだね。



…こういうの、きっと
「見返りを求めないサービス」だからだ。


サービス業で長く働いてる立場上、
なんとなくわかる。

何かしら営業上の下心(というか狙い)が大きくて
やるサプライズと、

それよりも「ただ喜んでほしい」「楽しんでほしい」
って気持ちゆえにやるサプライズ

があること。



後者は、見返り求めてないけど
結果として
相手をいい気持ちにさせて

リピーターにさせたりするきっかけになるんだよね。




営業スマイルを見抜かれるように、

お客さんの笑顔だって見抜ける。


ほんとに嬉しくて笑ってくれてる笑顔と、

ただの愛想笑いのちがい。




…あのスタッフさんにも伝わってたらいいなあ。

私が嬉しかった気持ち。

で、「ああやっぱこれやっててよかった」って
思ってくれてたらいいな。笑





どんなに小さくても、

嬉しいことはすごく嬉しい。



私はきっと、
ヴィトンのバッグもらうより

こういうサプライズに100倍喜んじゃう
安上がりな女だけど。


…その意味をちゃんと
わかってくれるような人しか

好きにもならないよ。


ここで
「ブランド物あんまり持たないの?」なんて
とんちんかんな質問してくるような奴は

ぜってぇ好きにならねぇ。笑






大きさじゃない。


そこにある「心」を感じてこそ、

人は感動するの。



妄想も想像も



これだけ長いこと
私の文にお付き合いいただいている方なら
いい加減わかるかもですが、

私はとにかく

考える人間です。

それも、日常のどうでもいいことで。


1コの出来事から
ものすごい先まで妄想してしまったり

1コの言葉から
あれこれ想像して掘り下げたり。。



ただ
それをすべて誰かに話すと
ドン引きされかねないので

これはあくまで私の勝手な推測だ、と
心に留めつつ

こうして一部、こっそり書いて発散するのです。





……でもね、

こうして妄想や想像が
「クセ」になっていてこそ、


誰かをそっと救えたり

落ちかかっている人の手をつかめたり


することがある


……かもしれない気がするんだなあ。





もし、自分がステージに立つようなスター
だったとして。

スターのあなたは、

「そのステージを会場一番後ろの席で見るファン」

の、気持ちを
想像しますか?

してみるタイミングってありますか?




私…

今回スピッツのライブで

いっちばん嬉しかった瞬間て、


草野さんがMCで

2階席の皆さん~って振ったあと
1階席後ろも呼んでくれたとき

だったんだよね。。

「1階席」でまとめず、ちゃんと「後ろ」って。



これ、
あとから(読まなきゃいいのに)他人のネタバレブログ読んで、
他の会場でも毎回行われてたやりとりだと知って

ショックは受けたけど。笑

なーんだ
お決まりのやりとりだったのかあって。


「最近は近くより遠くのほうがよく見えるぜ」

って言ったのも、
他のとこでも使ってたようで。。

なーんだ
いつも言ってたのかあって。




…それでもね。

あの瞬間は、すっごく嬉しくて、
すーっごく救われたのです。

わーちゃんと後ろまで気にしてくれるんだ!!
って。

それもまた草野さんらしい表現で
私、老眼うらやましくもなりましたけど。笑



ステージから遠い客席に呼びかけるのなんて、
ライブじゃ別に当たり前の行動かもしれない。

でも、いざ

自分がその、遠い遠い席をあてがわれた身になるとね…


ほんと…

温度差、ってあるんだよ。どうしても。


どんなに盛り上がってる曲でも、
どんなに前の人たちと同じ動きしてのってるつもりでも、

どこか、どこか


……100%では入り込めない。

「そこにいる」んじゃなくて「そこを眺めてる」気分
になってしまう場所なの。


そりゃ全体像は見やすいけどさ。



最後のメンバー紹介で田村さんが

「(今回のツアーで)今日のみんなが一番盛り上がってた」
なんてことまで言ってくれてたけど、


あれ…

私と友達は、
帰り道

「内心、うっそーーーーんて思ったよね。。」

と苦笑いで話しました。


ほんとに。

え?今日が最高の盛り上がりだったの?ほんとに?
とマジで疑ってしまったくらい

私たちは
(田村さんが言ってくれたほどの)盛り上がりは
体感してなかった。


もちろん、もちろん
すっごく楽しかったんだけどね!
ちゃんと自分たちも盛り上がったんだけどね!

…でも、これが「一番」と言われたのは
しっくりこなすぎて。。


これが、一番後ろ、なのだ。
遠い席なのだ。



前のほうで見られてるファンと
おんなじだけの金額払ってるのに。。

ファンクラブ入ってるのに。。

きっとおんなじだけ好きなのに。。
盛り上がる気満々なのに。。


ステージ上の5人全員が
のっぺらぼうに見える悲しさ。

さすがに「目が合った!!!」なんて
思い込みでも言えない見えなさ。



シュン。









…………だからね、


「1階席のうしろ」って
ピンポイントで呼びかけてもらえることは、

たとえそれが「ただのお決まりMC」だったんだとしても、


すっごくすっごく嬉しいことだったの。


この場所のこと想像してくれてありがとうって
気持ちになって。


…だって、遠い席にいるファンのこと思いやらなけりゃ

わざわざあんな老眼ネタぶちこまないでしょ?笑


そんなこと言ったって
絶対見えてないでしょって思ったけど
それでもその言葉が嬉しかった。



想像するって、大事なんだよ。

それをした人間にしか言えない言葉や行動が
たくさんあるんだよ。


私たちは
口に出さないで思ってることが、いーっぱいある。

大きい声では言えなくて我慢してることが
いーっぱいある。


そんなとき、
それを

なんてことなくさらっとすくい上げてもらえると

ありがとうーって心の底から思う。
大好きーって思う。



そう。だから私は草野さんが好きなのだ。
大好きなのだ。




あのお方の「妄想力」は、
へんてこりん方面だけじゃなくて

こういう優しさにつながる部分も
どでかいのだ。



そう思うからこそ、
私も妄想力鍛えたいなあって思う。

いつかどこかでちょっとしたとき、

誰かをそっと救えるように。




……ちなみに
子モニャを飼いならす田村さんの妄想力も
なかなかのもので

ああ素敵なリーダーだわ♡
と思いました。笑



崎山さんのドラムソロはしびれたなあ。
特別バージョンだったのかなあ。

三輪さんは、なぜだろう
今回なんだかちょびっと心配してしまった(超勝手に。)
もっといっぱいトークが聴きたかったなあ。(求めすぎ)



そして草野さんの歌が、今回はなんだか
すごくよく聴こえた~

音響の善し悪しは私あまりわからないもんで、

ただひたすら
「あーーー私もこんな伸びやかに力強く歌える声になりたいーー」

と、思ってました。いいなあ、いいなあ。



ホールで後ろの席を経験してしまうと、
つい
やっぱりスタンディングのほうが
すべてを忘れて盛り上がりやすくて
楽しいなーと
思っちゃう。

勝手な話ね。苦笑


ライブ中、前にいた人たちが一気に座ったときがあり、
草野さんもMCでファンの足腰心配するようなこと言ってて

あーそうなるかあ…と少し複雑だった。
(見えやすくはなったけど。笑)


なんだかんだでやっぱり、

私はあんまりスピッツに「歳とった」感は
感じたくないのかもしれない。


今回やたら「もう49歳」とか「足腰が…」系の話が多くて

そんなにおじさんおじさん言わなくていいのに。。
と寂しかったような。


……でも、よくよく考えたら
自分も異常に「もうアラサー」「おばさんだから」「身体が…」
なんちゅうセリフを毎日のように友達と交わしてるわけで

とても他人のこと言えなかったですわ。



そっか。
つい謙遜みたいに老いた発言しちゃうこと多いけど、

聞き手の立場になると

実は逆に


「私まだまだ全然若いから!!!」
と強気発言してくれるほうが

嬉しいものかも。気持ちよくて、妙に励まされて。




うん。あんなライブできるスピッツは、
まだまだ若いよ!おじさんじゃないよ!!!
スピッツはスピッツだよ!!!!

そしてそのライブのために
北海道まであっさり弾丸旅行して
1泊でもしっかり満喫してきちゃう私たちも
まだまだ女子だよ!!!!


楽しかったな~ほんと楽しかったあ。幸せだった。

でも、これで終わりじゃない。

……次は、あの子が当てた仙台へ


行くのだ。




結構忠実



相手は男女問わず、

私はもう昔っから


「信頼する人」からのお言葉には
超、バカ素直に忠実に従う


…ところがある。




それは先生だったり、先輩だったり、
上司だったり。。


そういうお方からのアドバイスやおすすめ
には

従うべき、という考えがあるというより、

もはや「従いたい」。


だってそれでがんばって
相手にちゃんと見ててほしいんだもの。


ちゃんとあなたが思い描いてくれたように
もしくはそれ以上に
育ってみせます、って。





で。逆に、相手を敬えていないと…


これがちゃぶ台ひっくり返したのかってくらい
正反対に

反抗したがる。


性格上、表向きは優等生やるけど、

心の内では物凄い不良野郎がいる。


それも、口論したら相手負かしちゃいそうなくらいの
憎たらしい正論抱えてね。





だから、

私が成長するときは、

とにかく、とにかく


「その先」にいて
私をひっぱる人が

大事。


私がその相手をどう思っているか次第で、

私がまっすぐ突き進む方向が
180度変わるから。




それは恋とかじゃなく、

いかに私が

相手に認めてほしいか、
喜んでほしいか、

なのです。



まるで犬ね。笑






……ここ1ヶ月くらい、

私は異常に

ウクレレでZARDの「君に逢いたくなったら…」を
こっそり練習している。


なぜ?



だって先生がね、

ポロっと
「あ~ZARDやってほしいなあ」って

この前、言ったから。


ほんとポロっと。

もはや言ったこと忘れてるかもしれないくらい。




約1年半、月1でレッスン通った結果ね、

先生は、
私がどういうジャンルのどういう曲をチョイスしてくるか
それなりにいいとこついて見抜ける人で、


どうやって弾くかのアレンジは
もう完全お任せするくらい

私の活かし方を知ってる(と思う)人。


だから私は、ウクレレにおいては
完全に

先生の、犬。



こうしたらのアドバイスをすべてのみこんで

家でものすごい練習して
次のレッスンでなんとかその期待に応えようとする。


ご主人様に誉めてもらいたいし、
喜ぶ顔が見たいので。



ほんと犬。





だからね、

前回のレッスン終わった直後には、
私はもう次はZARDで曲探そうって決めてた。

ほんの小さなつぶやき拾っただけで。



元々、母の影響で
ZARD聴いて育ったようなとこもあるので

好きだし。



……そこでこの
「君に逢いたくなったら…」を選んだのは

コード的にいけそうかなと思ったのと
何となく昔から好きだったから

ってだけなんだけど。。


歌詞と改めて向き合ったら
思わず苦笑い。



♪君に逢いたくなったら…

その日までガンバル自分でいたい




………そうですね。
そのとおりですね。笑


私は昔から今もそうです。



頑張りたいときは、物凄い頑張ってしまうのです。

信頼するご主人様がいると。


頼まれてもいないのに。
何もご褒美ないのに。


ただ、犬モードにスイッチが入ると
こうなる。



……一応、別の勉強も真面目にやっている最中
なもんで

仕事もあれやこれや大変なもんで


実は結構体はバテバテで

そこにウクレレも詰め込むのは
おばかな犬なんですけどね。




…すべては、気持ちが原動力ですから。

その気があるときに
成長しておきましょう。


私のことだから、
きっとそのうち突然

猫になっちゃうかも


しれないしね。




犬である瞬間を、大切に。

聴き心地



最近、iPodを全曲シャッフルで
聴くのにハマってる。


思いもよらない出会いや、

あれ、私こんな曲持ってた?っていう
初めまして(じゃないはずだけど)の出会いや、

あーやっぱいいなあ~っていう再会が

どれもこれもサプライズみたいに突然あって


楽しいから。 





…それでね、


今日の帰り道、とても久しぶりに


「ビー玉」って曲と再会した。



私、最新アルバムがいつも一番好きだから、
ついそこから聴きがちで、

古い曲ほど、つい忘れちゃう。



だからしょっぱなからびっくりしたー


♪やーんやややーんやややーん…

って。


改めて思ったけど、なんて斬新。笑



草野さん、なーーーんで

曲作るときにこんな音とリズムが
浮かんだんだろうなーーーーーって。

あーやっぱ天才だなーって。笑



さらに曲中


♪ちーぱーちーぱーちぱちぱ


で(心が)のけぞり、


♪タンタンタン


で笑う。


いやいや、いくら若かったとはいえ
男性がこんなかわいい音歌うんかい。
と思ったけど

今までずっと違和感なく聴いてたもんなあ。。



不思議。ほんと不思議。





私はね、

なんでスピッツが好きかなんて
今更とてもとても

かんたんに説明はできないけど、


いーーーーーっぱいある理由のうちの
1つが、

この


「聴き心地の良さ」


なんだと思う。



他のアーティストと比べると、
歌詞はいつもどこか違う。


「正解はこれ!」「こういう意味!」
「こういうストーリー!」なんて
誰も明言できないような

どこか不完全で曖昧で
妄想に託されるような。。

いい意味で、あちこち意味不明な歌詞。



だから、聴いてる私も、

スピッツの曲の歌詞を
そんなにストレートに受け取れていない。


いつもなんとなーーーくで聴いてる。



じゃあなんでそれで好きなの?

といえば、


ずばり



聴き心地がいいから



なのです。



あのね、


スピッツの曲は、いつも


私の耳が喜ぶ



の。笑



多少歌詞の意味がわからんくても、

音や響きが心地よくて

「なんかココ好きだなあ」って思う。

いつもそう。


そして言葉完全無視してるわけじゃなく、

またそこにちょうどいい言葉が
当てはまってるの。


音と、言葉と、リズムの組み合わせが

絶妙だからこそ「心地よい」になるの。




……私、自分が「天才」って言葉で評価されるのは
きらいなくせに

草野さんにはついこれを使ってしまう。。

でもホント、それでしか言い表せない。


天才だよー

すごいよー


褒める表現力なくてもどかしいよーー





そういえば「五千光年の夢」って曲でも

やたら
♪ランランランララーン
って唄ってるけど。

冷静に男性歌手の曲と考えたら
だいぶ不思議だわ。。。。。。笑


やっぱ天才!







聴き心地ってね、

侮れないな~と今日ふと思ったこと。



私ずっと

「どういう人が好きなの?」

って質問されたときの答えが定まらなくて。


これ!ってのないかなあとまた考えてたんだけど。


それを考えるにあたって、

「じゃあそもそも、私が(好きになりかけたのに)
振ってきた人たちは
何が共通してダメだったんだ?」

と思い出してたら、


……NGポイントが一致しなかった。



私が話すばっかりで疲れるとか、

相手がおバカで、ズレた返答にイライラしちゃうとか、

賢くても、面白味がなさすぎてげんなりするとか、

冗談にのってもらえなくて楽しくないとか、

それなりに掘り下げ甲斐のありそうな話を
大して興味持ってもらえずすぐ終わらされて悲しいとか、、、





……………あれ?



ぜんぶ、結局「会話」のこと、
じゃんね?





で。気付いたのでした。


ああ、私

言葉のキャッチボールにやたら敏感なのだわ、と。


どの人も、私は
会話が心地よくなかったから、振ったのだ。
(他にも原因はあろうと)


最初の出会いじゃ、まだ掴みきれなくて、
むしろ見た目の雰囲気とかで
私の心はごまかせちゃっていて、
(特に草野さんに似ていると私は弱い。)

どこかある会話の気持ち悪さは
実は初日から感じてたのに見ないふりしてた。


けど結局、この先を思い描く相手として向き合ってみたら、


この人から出てくる言葉に
私の耳は喜ばない


って感じたんだろうな。




そう、だから

聴き心地って意外と大事。


初対面じゃ見た目のイメージが先行するから、
耳の違和感にはなかなか気付けない。


……でも、

私は


私が無意識に求めてる言葉を
察知して言ってくれるような
勘のいい人が好きだし、

いろんなこと楽しく教えてくれる人や
逆に(私のどうでもいい話も)楽しく聞いてくれる人と
しゃべってたいと思うし、

器の深い相槌上手な人に、悩みはつい話してしまう。


褒めてくれる人すべてに惚れるわけではなく、

わーーそんな言い方してくれるの嬉しいな
って素直に私が思う、心からの表現をしてくれる人にこそ
心開く。




そういや彼らは共通して、
「言葉足らず」だったな。

語彙力ないとか、口達者じゃないとか
そういうの以前にそもそも

「あ、深みがないから、この程度しか言えないんだな」

と私の耳に感じ取らせた。


…別に私も他人のこと言えたもんじゃないけど、
せめて私は下回らないでほしい。。




まあ、聞き心地のいいこと言うだけじゃなく

有言実行

の誠実さも大事ですけどね。笑


一応、そのへん嘘つくような人との会話は
私の感覚が「これはちがう」って反応します。




耳も大事。耳は正直。耳はピュア。


だからこそ、そこが感じたことを信じて

大切に。





24日の札幌ライブは、

(きっと見えないからw)
思いっきり耳をすまして

楽しむのです。楽しむのです。私よ。


大丈夫、皆さまの健康無事は
ちゃんとお月さまに

お願いしておきましたからー!!笑


一番うしろまで、どうか愛をよろしくお願いします!!



「夢の実現」



実家の自分の部屋で、

小学生の頃からいつまでだったか…
長いこと 
壁に貼り続けてた



書初め。




「夢の実現」






その言葉を目標にして、とか
日々意識するため、ではなく…

ただ

上手く書けて
たしかクラスで何か賞をもらえたから

…そのまま家でも貼ってたような。





でも、

その長い半紙が
目に入らない生活になってもずっと

ずーーーっと


私の脳裏にはそれがなぜか残ってて


今も忘れないんだなあ。





夢の実現。




……

私はそれをどのくらい

人生で果たしてこられたんだろう。


どのくらいのレベルだと

「実現した!!!」

って思えてるんだろう。






誕生日が近づくと、

大体、その前に何かしら

思いきって新しい一歩を踏み出すのが
大人になるほど恒例化してきていて、


今年もまた。



そう、歳をとる前に

何かしら変化の「きっかけ」を作っておきたく
なっちゃうんだよね。


いつもいつも

変わりたい、進化したいって
もがく私だから。


誕生日前は、
妙にそれが「期限」みたいに思えて

私の背中を押す。


やる気や勇気の源になって、
重い腰を上げさせる。









スクールに登録して、
Webデザインの勉強をすることにした。

久しぶりに払った大きいお金。

しばらくは節約生活ね。。



表向きの目的は「転職」だけど、

それよりなにより


私は、手に職をつけたかったから。



「接客」しかやってきてない私は、
その中でどんなにあらゆることを経験して学んだと言ったって、

所詮、接客業の中でしか評価されない。


接客はぶっちゃけ、うまいか下手かは別として
誰でもできるような仕事だと思う。

スキルアップするのは別として
特別な勉強は、しなくてもできる。



昔、カラーコーディネートの勉強をして資格をとったものの、

結局、それが職として活かせたことはなく、
もはやただの雑学状態。

…でも私は今でもそれがいやで、

今からでも、色に関する知識とかセンスは
武器にしたいんだと

本当は内心思ってる。



でも、それだけじゃだめなの。

色彩うんぬんだけじゃ
仕事には就けない。武器にもならない。



……それにプラスして、

まだ今の私が持ってない、
人がガッツリ勉強しないと身につかないような

特殊な「知識やスキル」が

必要。


それがプラスできて初めて
私の持つセンスも意味あるものになる。

現実的な形になる。




だから、

まず勉強しようと思いました。



この先、自分の道を
もっともっと

広げていくために。



やりたいと思ったことを、実現できる私で
あるために。




Webなんて正直苦手分野だけど、
そこに入っていけたら、

今の時代、とても強力。

だから、あえて選んだ。

乗り越えられる私でありたくて。



カラーを勉強しようと踏み出したときの私より
大人になった証拠。

ただの「好き」だけで選ばず
現実や未来を見て動くようになった証拠。




今の仕事しながらの勉強は
大変だけども…


近い未来で

理想の働き方ができている自分であることこそ

私にとって「夢の実現」

だから。


ずっと叶えられていないことだから。




がんばるのよ。

私は、妄想実現力だけは
そんじょそこらの人に負けないんだから。





自分が生まれ持ったものを最大限に活かしたいのなら、

別で新しいことを学んでベースを作らないと
形にならない。

現実的なものにならない。



材料1つじゃ、強い武器は作れないのだ。




そのこと忘れず、
どんどん新たに学ぶことを愛して、


夢は実現せよ。


書き残す意味



ふと

「1年前の10月に、
自分はどんなこと書いてたっけな?」

と思って振り返って読んだら、


どれもこれも

タイトルにはそれなりに覚えがあるものの…


内容やオチをほぼ覚えてなかった。





自分が書いたくせに。


それもたった1年前に。




なのに、

タイトル見ても
同じ内容の文が浮かばないという。。

読んでみて

まさかの自分が初見の気分で
「ほほぉ~~~」と
唸ってしまうという。。



なんとも不思議。




だから、、だから



書き残し続けることに
意味があるんだなあ。




ほんとに


その時、その瞬間の自分にしか
書けない文ばかり
だから。



その頃どんな出来事があって、
どんなことを感じて
どう考えて
それをどんな言葉で表現するか

は、


もうすべてその時の自分次第。


ぶっちゃけ、

私は二度と同じものは書けない。(浮かばない)



だから、
常に書き残していないと、それは形として残らなくて、

一生蘇らない。





私がこれだけ書き続けてこられているのも、

それなりに後から読んで
(自分が)ふむふむと思える中身なのも、


すべては

たまにでも
どこかで読んでくれるあなたがいてこそ。



その存在がなければ、
私はこんな風に書けない。


だから本当に感謝してます。



それでこの文が
どこかで誰かの役に立つわけでも
ないけれど。。


書いた本人がまったく覚えてなかったこの文、

よかったらご一緒に振り返ってくださいまし。笑


こちら。




↑内容全部が全部ではないのだけど、
なんとなく、当時
草野さんのこと考えて浮かんだ文だったのでした。

実は。笑


誕生日を聞く方法



ウクレレのレッスンで、

先生が

「過ごしやすい季節になりましたね~
暑すぎず寒すぎずちょうど涼しくて…
ずっとこのままでいいのに~」


って何気なく言ったとき、


私は「そうですね~」のあと

思わず
満面の笑みで


「私、秋がいちばん好きです」


って言った。




そしたら先生、


「……〇〇さん(私)、
お誕生日いつですか?」


って。




内心「へ?」だったけど、


笑顔で「今月です!!」って

自分で答えてから
何となく気付いた。



…あ、


私が秋が好きって言ったからか、

って。 






そりゃもちろんね、


秋生まれじゃなくても
秋を愛する人はたくさんいると思う。



ただ、


なんとなーーく


「秋がいちばん好き」と答えたニュアンスで、


…この子、もしかして秋生まれかな?
と感じたからこそ


先生は話の流れとしては唐突に
誕生日聞いてきたのでしょう。




ちなみに私は
今月としか言わなかったけど、

そのあとさらっと「何日ですか?」と聞かれて、
あーもうすぐですね~という話になったので、

これで
(先生に覚える気があろうとなかろうと)
私の誕生日を教えたことになる。


話の流れとして、
私も先生が何月生まれなのか聞いて
「もうすぐ〇歳なんですよ~~」という話もしたから、

なんとなくこれでお互い
生年月日まで把握。







………これをね、

帰ってからふと思い返して



あ、

相手の誕生日知りたいときって
こうやって聞けるのかあ。。

と、思った。




女子的には
ぶっちゃけ

相手を恋愛対象として考えてる場合

「占いがしたい」

という理由で相手の生年月日を知りたかったりも
するのだけど。。


単純に


「この人の誕生日にお祝いがしたい」
という理由で

知っておきたいこともあるよね。



恋人であろうと、
そうなりたい人であろうと、
友達であろうと。





でも私は今までずっと

誕生日をいきなり聞く
イコール
あなたに好意を寄せてます!

みたいにとられないかな?
と、いらん心配をしており…

それなりに会話の中で不自然じゃない流れができないと

相手の誕生日って聞き出しにくかったのよね。。


今の時代、
SNSとかでさらっと公開されてたりするけども。

そうじゃない人は、
やっぱり何かしらのタイミングで質問しなきゃ
なかなか知れない。





……そうかあ、


好きな季節の話をすればいいんだー



相手が「夏が好き」と言ったら、

そこで「夏生まれですか?」って聞けば

(それがはずれてようと)
結果的に相手の誕生日まで聞きやすいもんね。



人間、天気の話は
誰が相手でも非常にしやすいですし。笑

そこから季節の話に持っていくのは
自然なことで…

うむ。ひとつ学んだ。笑



この先、私に使うタイミングがあるかは
わからんけども。






ちなみに先生は、11月生まれなんだって。

だから余計

私の「秋がいちばん好き」で
秋生まれを感じ取ったのかもね。




私は、秋がいちばん好きだし、

12ヶ月の中で10月がいちばん好き。


それは、自分の誕生日があるから
ではなくて、

むしろ「私の好きな10月に産んでくれてありがとう」
って感覚で、10月そのものが好き。



誕生日が来ることは、

内心とっても憂鬱で

歳とることがいやだし、
変わらない自分が情けなくてしょうがなくなるけど、


でも、

今がいちばん好きな時期であることは

まちがいない。小さい頃からずっと。





今年は雨続きのせいか

金木犀が香るのが一瞬で終わった気がして
ちょっと寂しいな。


ほんと、ずーーーっと今でいいのに。

誕生日一週間前くらいで
ずっと止まってたらいいのに。


誕生日も、
その先にあるスピッツのライブも、

「ワクワクな予定」のままであってほしくて、

終わるのが怖いんだもの。




過ぎ去っていく日々も、
迎えていく未来も、

同じように愛しく思えるほど

私は今年もまだ大人になれていないや。



livedoor プロフィール
販売中アイテムご紹介★