隣の芝生はエメラルドグリーン。

みんなの芝生がキラキラでせつないけど、 なんとかウチの芝生も愛したい・・・そんな日々。

2016年04月

◆Tシャツ・トート販売中◆
SHOPはコチラ http://www.ttrinity.jp/shop/3733373/

◆ウクレレYouTube◆
https://www.youtube.com/playlist?list=PLXPWpHb0j8kdP2WJsYefKuE48LJFdrOOV

未来の疲れ



「あなたは十分がんばってるよ。えらいよ。」


って、

言われたから


……もういいんだ。



思考回路は複雑すぎる私だけど、

実はかなりの単純人間でもあり。



ちょっとの言葉に敏感だけど、

ちょっとの言葉で

あっさり機嫌直っちゃう。



どんなに怒ってても、

相手のほうからちゃんと謝ってきてくれたら

それだけで許しちゃう。



あ、ちゃんとわかってくれてる
って思えたらもう

今までの苦労も疲労も心労も

すーべて


さらっと忘れちゃう。



……ある意味

だからいつもなんだかんだ乗りきっちゃうんだよな
と思うけど。



1日1日

リセットしてかなきゃ

よからぬ感情はその都度忘れ去っていかなきゃ


しなやかには生きてけないよね。






私たぶん
ここ最近ずーっと

疲れを持ち越すどころか


「未来の疲れ」を
先取りしてた


んだと思う。



その日その日の仕事が山積みで
大変で終わらなくて
あーもーってなる疲れに加えて、

私ってば

まだ訪れていない日のことまで考えて

「ああ、もうすぐあれやらなきゃ」
「あの連絡来たらこれやらなきゃ」
「あれやるなら、これもやらなきゃ」

…って

考えてたんだよね。



そりゃ……

無駄に疲れもするわ!




たしかに先々のことまで常に考えて動いてこそ、
仕事がモレなくこなせたり、信頼につながったり、
先の自分が助けられたりするわけなんだけど。。

逆に

前もって用意しすぎたせいで、

「突然の変更ですべて不要」という現実にも
泣かされたり

するわけさ。






………だからね、


せめて


「未来の疲れ」

で早々に疲れる残念な性格は
直そう…

と思うの。


そりゃまた後々大変な仕事はくるだろうけど、
別に今から
その仕事の心配したって
しょうがないじゃん!!
まだ始まってもないのに疲れてどうする!!

って、

自分が自分にツッコめるように。




起きるかもわからないことを想像して
勝手に心配して、嫌になって、
ストレスためて

疲れる。


なんてばかなの。



今をがんばる。

その日その日をしなやかに乗りきる。

それだけでも十分なんだよ、本当は。




未来は、


夢を描くもの、でしょ?




IMG_20160429_022040

*こちらで販売中*



こんなの作りたいな~
と思い描いてたものが

いい感じに作れるとすごく嬉しい。




あーーそろそろどこかの水族館行きたいな~

きれいな水槽眺めたくなるのも
疲れてる証拠か。。


水族館楽しい
って思う人と、行きたいなあ。


このTシャツ、

水族館でなら売れると思うんだけどな。笑




CDのイミ


きっとそのうちアルバム出るよなあ…

と、ちょっと迷いがあった。

シングルでもCD買うのか、否か。



結局、買うのですが。笑

カップリングもあるしね…


「みなと」発売から1日ばかり遅れて
今日、楽器屋さんで買った。

タワレコじゃなく
デパートに入ってる「〇〇楽器」。 

楽器屋さんだから
CDコーナーあんまり広くなくて、

余計、CD1枚だけ持ってレジ行ったのが
微妙に際立ったのかもしれないけど



………店員のお兄さんがね、

なんか変だった。

なんか、どこか嬉しそうで。笑

お会計も妙なぎこちなさで…
(見るからに新人よりは店長クラスっぽいのに)


とりあえずあれは
営業スマイルじゃない笑顔だったのは
感じ取った。



お兄さんも…

もしかしたらスピッツ好きだったのかな。。
(勝手すぎる憶測。笑)





お店出てふと、
そういえばこうやってちゃんとCD買ったの
久しぶりだなー…
と思ったのだけど

そりゃ私、スピッツ以外は
ほぼTSUTAYAレンタルか
たまーーにiTuneストアなんだから

そりゃ久しぶりにもなるわ、

と自分でツッコむ。


きっと…
今日本でCD買う人

十数年前と比べたら
ぐーっと減ってるんだろうね。。


AKBの投票権や握手会みたいに、
何かしらの特典がついてるなら
CDの意味もあるけど…

そうじゃなけりゃ、
正直、インポートしたらもう
CDを使うことなんてあんまりないもの。



そんな気はしてたけど、
帰ってCD開けてみたら、
あまりのシンプルさに…

「…こりゃスピッツじゃなかったら
私買わんよ。。(許さんよ)」

と思いました。苦笑


DVDとかもそうだけどさ。

買ったって…
結局YouTubeで観られちゃったり。



なにかこう

CDを売るからには、
もうCDじゃなきゃだめなんだ!!!っていう
何か

が、ないとだよね。。今の世の中。



あーこれは手元に置きたい
って思えるジャケットだとか

アーティストの写真がしっかり入ってるとか
(至る所で見られる使いまわしの写真はうれしくない)

歌詞が手書きだとか。


少しでも「ここだけ!」の価値が
そこにあれば


……CDの意味がある。





まあ…

久しぶりにちゃんと歌詞カードをながめながら
家で曲をゆっくり聴きました。

初めて聴くのを
iPodで外で…に絶対しない、特別扱い。


まず稗とコーリャンを検索しました。笑



お皿洗いするときに歌いたいから、
2回目は歌いながら聴きました。

きっとこれから
どんどん好きになってくんだろうなあと

思った歌、でした。




CDの意味…

応援したいから買うんだとしても、
すでに売れてる人たちじゃあ
私が1枚買う買わないくらい、なんの影響もないしねぇ。。

むずかしいな。

ホント、ただの特別扱いだ。



期待裏切らないって

思えてるからだ。


犬に見える猫


似た話をどこかで前に書いたことある気が
しなくもないけど…


「犬と猫だったら
自分はどっちのタイプだと思いますか?」



私は、

昔は猫って答えてたかもしれない。

ちょっと前は犬だったかもしれない。



……そして今はね、


犬に見える猫



と言いたい。たぶん。




どういうことかと言うと…

中身は猫なんだけど、
傍からは犬に見えちゃう感じ。

ほんとは猫なのに、
猫を感じさせず
犬と思い込ませちゃう感じ。



だから、犬に見える猫。



いつもお行儀よく
おりこうさん。
従順な瞳で飼い主さんを見つめ、
ちょっとのことで思いっきりしっぽ振って喜び、
少しのお叱りでシュンとなる。
でもそれでめげることはなく、
いつだって飼い主さん第一。


………そう見えるのに


その本音の本音の本音は


なんで私が動かなきゃいけないのよー
別にこんなことやりたくないんですけどー
寝てたい
もーほっといてよー

ゴロニャー!





…その本音は、わざと隠してるんじゃなくて、

もう、
そうなってしまうのです。

他人の前に立つかぎり、

勝手に
猫の部分は引っ込んで、
心まで犬モードになってしまうのです。

だからもうその時は
どう見ても犬なのです。


だから余計に他人は
まさか私が猫だなんて思わない。



……でもホントはたぶん猫ですよ。

そんなピュアないい子じゃない
気分屋のマイペース野郎ですよ。



状況にあわせて
勝手に犬かぶる、猫ですよ。





私とどの程度の仲かは、

私が相手の前で終始犬でしかいられないか

猫部分もチラ見せできるか

で超簡単に判断できる。


……ここではむしろ
猫の私がダダ漏れで
私のイメージって一体…

と、ちょっと勝手に心配するけども。



犬かぶっちゃうのは、
偽りの私でなく、
それはそれで素。

ただどんなに犬に見えても

図鑑上ではネコ科なんですよ、


そんな感じ。



product_img_f_14406670
https://www.ttrinity.jp/product/2486597#226

product_img_f_14406722
https://www.ttrinity.jp/product/2486602#231



ダークなのもありますよ、

そんな感じ。(無理矢理)


ハワイアン要素NG


ウクレレを始めたのは、
ちょうど1年半くらい前。

何か趣味を増やしたい!と思って、
気軽に始められそうだったから選んだ。


でもやはり独学じゃ
全然上達しそうもなかったから

仕事しながらでも通えそうなレッスンを探し…

いきなり個人はちょっと気がすすまないなーと思って、
集団で受けられるところを
探して行ってた。 

これで仕事以外の知り合いも増えたらいいなあと
思いつつ。



しかし結局

3回くらい?でパッタリ行くのやめた私。


そこは1回ごとに予約して、
行ったらその日のレッスン代を払う…というシステムだったから
行くのストップしやすかったってのが大きいけど。



3回まで続けたのは、

せめて基礎中の基礎は
教わって身につけておきたかったから
ってだけで、

ぶっちゃけもう内心苦痛でした。。

なんだそりゃだけど。



その当時は、
その理由がいまいちわかんなかった。自分でも。



ウクレレ自体は楽しいはずなのに、
なんでかわからないけど、
習いにあそこへ行くのが苦痛。


先生にも、
そのレッスンごとに出会う初対面の方々にも

なぜか全然心開く気になれず


終わればそそくさーーっと帰っていた私。



別に初対面の人と話すのが苦手なわけではなく、
そこはむしろ愛想よくいけるはずなのに…

なぜ?



…あのですね。

後々出した答えですが、



私ただただ


ハワイアンな空気が苦手だった




……のです。おそらく。





沖縄暮らし経験しときながら
なにゆってんだ
ですが

決して南国がきらいなわけじゃない!

そこはすきだ!

ハワイは旅先としてずっと憧れてるし!!!




………ただあくまで

日本のおじさんおばさんが作り上げる
もろ都会のハワイアンな空気



拒否反応が出た。


のんびり~
細かいことは気にせず~
みんな仲良く~
笑って~
たのしく~~~

はい、みんなで弾いてみましょう~~~


……に、心がついていかなかった。。



次これ弾きましょうかと渡される楽譜は、
どれも
いまいち私の好みと合わず。。

そもそも私
ハワイアンな曲が弾きたくてウクレレ始めたわけでもなく。。


そりゃ
ハワイ要素を至る所にあしらったウクレレ教室で、
ハワイ的なお話が好きな方々が集まるレッスンで、

私がノリノリになるわけないよね。。



で、そこから半年くらいは
「あー私には向いてない楽器なのかなあ」と思って
レッスンはもう探さず

完全に自宅でだけ、
自分が弾きたい曲がのってる楽譜を買って
独学でテキトーに弾いてた。



そしたらまあ…

楽譜見ててもわからない部分とか
うまくできない部分が出てきて。

でもそれは弾きたい曲。マスターしたい曲。


……うー!


再び学びたい欲が出てきて、
レッスン探しなおしたら、
今通っている所にあっさり出会ったのでした。

ご縁て不思議。


個人レッスンだったけど、
いろんなレッスン受けてる人集めた発表会が
定期的に行われてたから、
まあウクレレだけじゃない世界が広がるかなあと。



初めて体験レッスンに行ったときの衝撃は
今も覚えてます。

先生に、ハワイアン要素がなさすぎて。

なかなかファンキーな見た目で。



ウクレレ専門の先生ではなく、
どっちかというとギターやDTMを教えてる先生

後々知って納得したけど。



結局


これが私にはよかったんだろうな。


……おそらく私ね、

ハワイアンに
ウクレレが弾けるようになりたかったんじゃなくて、



ちっさいギターを弾いてる気分
になりたかった




んだと思う。笑



実際、この先生のレッスンに約1年通った結果、

私はハワイの曲は何一つ覚えず

ただただ
自分の好きなJ-POPの曲だけ

アロハな弾き方一切せず、
ただただ
原曲流して合わせられるくらい忠実に弾く

……という育ち方をした。


それが、私にとって「楽しい!」だった。




…ギターはさ、

おっきいから。


私にはおっきすぎる。

サイズも、金額も。
もちろん技術的にもきつい。


そこんとこ

ちょっとハードル下げたのが
ウクレレで、

いろんな意味で私にちょうどいい。


私は最初からどこかそういう気持ちで
この楽器に目をつけてたのに

それに気付かず

ハワイアンを通過して

さまよったのかな。。



結果オーライだけどね。



ただまあ、

今後私が
ウクレレ好きの友達が作れそうかというと

そうでもない気がしてるけど。


いつか憧れのハワイへ旅行に行けても、
そのとき私は
ウクレレ持参しない気がしてるけど。



向き不向きって
意外と繊細なところまで

影響しちゃうんだなあって話。



ギターはこの先もずっと、
手の届かない憧れ。




product_img_f_14406666
https://www.ttrinity.jp/product/2486597#226

product_img_f_14406724
https://www.ttrinity.jp/product/2486602#231



Tシャツにはしちゃうけどね。
おすすめ自信作!




会うってなんだ


なんとなーーく

本当はずいぶん前から
どこか
しっくりきてなかったんだろうけど

あんまりちゃんと
書いたことはなかった話。 




私、歌の中で「会う」って使われるとね、

その「会う」は
一体どういう感覚なんだろうなあと

思う。



たとえば、

私は過去に一度だけ
いきものがかりのアリーナ公演に行っていて、

じゃあこれを私は

「いきものがかりに会ったことある」

と、言うか?


って考えてみたら、

たぶん言わないのです。


「いきものがかりのライヴに行ったことある」

とは言うけど、

あれは私の中で
「会った」という感覚ではない。


ステージ移動のときに、超運良く、
いきものがかりのお三方が
私のもう50㎝くらい前を通ってくれたけど

それでも「会った」にはならない。

あれは、あくまで
「見た」なの。


どんなに目の前であろうと。




じゃあ。

以前、ホテルで働いていたときに

そこでいろんな有名人と遭遇して
いるのだけど、

それは「会った」になるかというと、

それはまたそれぞれ。


私がいたホテルに泊まってくれたという
事実だけでは「会った」には当然ならず、

私がそのホテル内で見かけた
というのでも「会った」にはならず、

私がチェックイン対応や何かしらで接客した
…となってやっと

「私あの人と会ったことある」

になる。


アイドルでいうと、
劇場公演を見に行くのは「見た」だけど
その子の握手会まで行けば「会った」になる感じ。




…つまりね、


私にとって、「会う」っていうのは

ちゃんと向き合って会話をするレベル

なのです。




ただライヴに行ったり、
偶然見かけたりのレベルじゃ

会ったんじゃない。「生で見た」だけ。



だからね、

ステージに立つような人たちが
「会う」っていう言葉を使うと

…それはどういう感覚なんだろうなあと
思ってしまう。


客席側にいる
その他大勢の人間として。


私はライヴに行っても
「会った」とカウントしてないけど、

ライヴを行う側の人たちは、あれで
「会った」と思ってるのかなあ。



私を一人の人間として
認識できてなくても?



……そういうことを突っ込むのは
実に可愛げがなくて、
夢のないファンのようで、

今まで
言葉にはしてこなかったけど。


なんとなく、ずっとぼんやり思っては
いたんだよね。



会うとはなんぞや、と。





もちろん、

ふつうはみんな素直に

自分の住む地にスターがライヴに来てくれたら
「会いに来てくれたー!」と思うんだろうし、

それでいい。

スターも「会いに行きます!」と思って
来てくれてるんだろうし、

終われば「会えて嬉しかった!」と
お互い言うんだろうし、


もうそれでよい。


そう思えてるかぎり、そうなのだから。




だから決して、
私一人のダーク思考に合わせて

簡単に「会う」なんて言わないで
と言いたいわけではなくて。

ホントにそれはマジでなくて。


…ただ、


こちらは「会う」と思えてないことも
あるんだよ

っていう、小さなつぶやき。




人間がお米一合を枡ですくって

その中の米粒たちに向かって
「会えたね」と言ったとして、

その枡の底のほうにいる米まで
同じように「会えた」と

思えてると思う?


その人間はそもそも、
その中の米1粒1粒に向かって
そう言ったと思う?


…ちがうよね。

人間は、あくまで「枡の中にいるお米たち」に
会ったつもりでいるのであって、

「米1粒」は意識できない。

…だから
底のほうにいて、その人間の顔も見えないような
米1粒は尚更

その言葉に
同じように「会えた」とは思えてない

のよ。もしかしたら。




これが、私の
夢見れない部分。

現実を生きる部分。



会いたいなあって思うとき、

決して

遠くから眺めたいなあ
なんて
思ってるわけじゃないんだもん。



会う とは、

一方的であるかぎり、

会う ではない


のです。




_DSC47231
https://www.ttrinity.jp/product/2201933#1




それでも
みんなが個々に夢を描くために、

みんなに向かって

「会う」って
歌い続けてもらわなきゃだけど

ね。



だからすきさ~


……ものすっごい

久しぶりにMステ観た。

スピッツが出るというから。


こんなちゃんと観たの何年ぶりだろう。
いつもこんなに豪華アーティストだらけ
なのか
わからなかったけど…

豪華だったー…。

それがMステかあ。



私の友達が大ファンの
三代目の皆さまも出てたけど、

やっぱり…

私はなぜかそっちには
まったくときめかないのだなあ。 


ジャニーズJr.の皆さまが
きれ~に割れたお腹バッサバッサ見せてても

ちっとも心動かないのだなあ。



それより何より

どこで座ってても4人ぴったりくっついて座っちゃってる
おじさま方を

いっちばん
ドキドキまじまじ見ちゃうんだから、


ほんと

人間って人それぞれだよねぇ。。



いやー

ライヴでは味わえない謎の緊張感が味わえて、
たのしかったです。笑


かっこよかったあー


うん。やっぱり私にとってのかっこいいは、
あれなのです!

惚れちゃうのもあれなのです!


若いイケイケお兄さんたちより
何百倍も好きさ~~



まさかのフライングしようと

だからすきさー!だいすきさあ。



終始ミスなく超かっこよくキメてた
ほかのどんな豪華アーティストの皆さまより、

ずっとずっとよかったさー!





凄い人がやらかしてくれると、
大変励まされる

…のよね。笑


とても並べる話ではないけれど、

私は
グループ演奏の発表会で
フライングミスして
ものすんごい迷惑かけてしまったこともあるし、

ソロ演奏の発表会で
大事なラスト一音を思いっきり外して
血の気引いて終わったこともある。



どっちも
もう、尋常じゃないくらい落ち込んだけど。

今も微妙に傷として記憶に残ってるけど。


……まあ、時が解決してくれるよね。

そういうトラウマが
次がんばらせてくれることもあるし。



しっかし

やらかしてもきっと

スピッツファンは全員
それでいい!それがいい!と
心から思ってるのでしょう。

そんな草野ポジション、うらやましい。



おかげさまで
歌詞ぜんっぜん入ってこなくて

思わず最後まで
胸の前でがっちりお祈りポーズして
見ちゃったけどね。。笑



このドキドキはもしかして吊り橋効果的な
やつだろうか。

変に心配させてにくいぜベイベー。




熊本地震以降、
特に草野さんが心配だったけど

ちゃんと生きててくれてよかったさあ。

やつれて見えたのは否めないけども。


あの4人が元気でいてくれたら、
それで十分さあ。



明日もなんとかがんばって生きようと
思えたよ。

ありがとう!

だからすきよ!



夢見る大改修工事


いっそね、

全部

知ってしまいたいと
思った。


全部

白黒つけさせてくれと
思った。



今私がやっていることの中で、
そこそこ必要なものと
ホントは不要なものの

分別がしたくて。


これは意味あるの?
まだ続けたほうがいいの?
もうやめたほうがいいの?

YES OR NO。


そうやってぜーーーんぶ


断捨離みたいに

これ、いる
これ、いらない
これ、いる
これ、いらない

…って分けたい。



そのためには
知りたくない真実も知らねばでしょうが、
夢もぶっ壊さねばでしょうが、

そりゃもう仕方ない。



なぜなら私は
酷くとっちらかりすぎているから、よ。

だからもう

大改修工事に入りたいのです。


それをする前に、
まず分別してすっきりすることが必要。


だっていらないものそのまま持ち越したら、
工事の意味なんて何もないもん。





だから知りたい。
もうこの際。

これは意味あるんですかどうなんですか

と。



そんなの自分で考えなさいと言うなら、
私は耳をふさぐでしょう。


考えてきたよ。
考えてずっと続けてきたんだよ。

でも「意味があった」と実感できてないから、

もう知りたいんだよ、と。


このままじゃ
おかしな偶然が続くたびに、

私は迷ってしまう。

ホントは何の偶然でもないかもしれないのに。



だからもう知ったほうが私のため。
このまま
ピーターパンおばちゃんになってしまわないように。

そうなの?どうなの?



………こんなに言っても、

教えてくれないってわかってるけどね。



じゃあせめて一つだけ
言わせていただくけども。


「このまま」をずっと続けられるほど

私は特殊人間ではないのよ。



IMG_1823 - コピー - コピー



実のならない種に

これ以上、水をあげている場合ではない。


蛙のままで



「アイドルか何かやってたんじゃない?」

と、

噂されやすい。


ステージに立って何かをすると。

大人になってからはとくに。


でもそれは完全に誤解で、
もちろん私は
そういう分野に足を踏み入れたことは
一度もない。 



……ただ、


発表会や忘年会レベルの世界でなら、

「自分がどう見えるか、見られたいか」を
人より意識して練習していくタイプなのだとは思う。
昔っから。

ステージに立つ時そういう自分がいるのは
思いっきり自覚してる。



そうやって自分が作り上げた自分を
客席の人たちがその通り(いいように)
見てくれているのは、

ただそのとき私の運がよくて
お客さんに恵まれてるだけ。

そこが大海じゃなく井だっただけ。




でも、言っておきたいのは

別に私は
ちやほやされたくてそうやってるんじゃない
ってこと。

そこから大海デビューを目指してるわけでも
さらさらない
ってこと。



蛙の私がとにかく思っているのは、

「そこに30人いるなら、30人に思わず見てほしい」

ってことなのです。。


人数や規模は大して関係ない。

ただ

そのときそこに居合わせた人たちが、
思わず引き込まれる状態にすることが

私にとっての成功。

井の中であろうとなんであろうと。





この前、「空も飛べるはず」を

生まれて初めて
人前で弾き語りしたら


もはや恐縮するほど
「成功」した。



……でもほんとうは、

ある程度はわかってたの。


私はこの曲で
惹きつけられるはず、と。

どんなにド緊張しようと、
それすらも活かせるだろうと。



ひょうひょうと演奏するより、

若干あぶなっかしい感ある一生懸命さのほうが、
かえって客席にまで一体感生んだりする。

これぞ井の中。



一生懸命が、結局は大きな武器。

でもその一生懸命を
ちゃんとプラスに感じさせるためには、

完全に暗譜して、弦も極力見ないで
できるかぎり客席に笑顔を向けて演奏すること。


…超当たり前のようで、
意外と一般人はこういうとこ気付いてない。


終始真下向いて演奏したところで、

それがどんなに凄い演奏だったとしても
その人に人は惚れないのよ。



………そのへんは全部前もって考えてた。

ちゃんと見てほしかったから。







次またこうして人前に立つとき
何を演奏するかは

もうその日のうちに決めたんだ。


そこで自分が
どういう曲をチョイスするのが

一番、自分の良さを出せて

一番、できるかぎり全員の意識を集められるか

わかったから。




きっとこの先も大海には出ない私は、

井の中でいい
蛙でいい。


………ただ


そのとき、そこにいる人を

ちゃんと惚れさせたい。



この際、蛙のままでいい。

そのとき、そのときで


だれかの心を掴めるのなら。



「また会いたい」と

アンコールもらえるのなら。



livedoor プロフィール
販売中アイテムご紹介★