隣の芝生はエメラルドグリーン。

みんなの芝生がキラキラでせつないけど、 なんとかウチの芝生も愛したい・・・そんな日々。

2015年12月

◆Tシャツ・トート販売中◆
SHOPはコチラ http://www.ttrinity.jp/shop/3733373/

年末詣


就く職業柄、

社会人になってからは
一度も

大晦日&元旦に休めたことがなく。 


初詣はいつも
1月末あたりにやっと行ってた。



……でも今年、
たまたま12月30日が休みで


急にふと

「神社にお参り行きたいな~」

と、思ったの。


まだ年明けてないから、
初詣のつもりではなく、

単純に

今年一年無事に過ごせた
お礼参り…というか。


でも

年末にお参り行くって大丈夫…?
と心配になって

検索してみました、ら。



意外と良いらしい。

年末詣。
(終い参り)


冬至を過ぎていれば、
旧暦ではもう年明けだから問題なく、

ちょうど神社も
初詣にそなえてしっかり掃除されたての
いい状態であるのと、

何より大混雑を避けて
落ち着いて神様にお会いできるから

…と。


だからね、

これはもう行くっきゃない

と、即決。



それで、じゃあ
どこの神社に行こうかなあと考えて

せっかくだから
ご近所ですませるのもつまらないし

有名どころ行こうかなと。

ご近所のほうは、年明けてから
また初詣で行けばいいしと。


で。お正月だったら
確実に大大大混雑するような神社

に、行った。



そしたらね…


不思議なもんですな。。

なんとなく

「あ、ここはちがう」
「このお参りじゃだめだ」


って、

すぐ感じた。

正直、もう着いた瞬間から。




……まず

年明けてないにも関わらず
普通に混んでたのよね。苦笑

もう外国人観光客の皆様だらけ。
もちろん日本人もあちらこちら。


なるほど
有名どころだと
もはや年末でも関係ないのか。。


…で、
人ごみが苦手な私は
早速ブルーになりつつ

広い広い砂利道を孤独にひたすら歩くのだけど、

もうそこから
神聖な気持ちにイマイチなれず…


大きな鳥居くぐって
やっと本殿。


で、お賽銭投げる人だかりがある所を見て

唖然。



……え、神様

…………遠っっっっ



なんかもうね…

(仮)って感じがする賽銭箱がででーーんと
置かれているのだけど、

それと本殿の間…


オーケストラピットですか?

並のひろーい空間が。笑
(もしかしたら初詣用の準備かも)


とりあえずここまで来たからにはと
手水で清めて
いざ参拝。

でもやっぱり…

騒がしい人ごみの中
内心、「これ神様に届いてる?」
と思ってしまって

モヤモヤ。



参拝後はもう
広い境内をあちこちまわる元気もなく
せっかくの自然を味わう気にもならず

とにかく

こりゃあかん!!!

と、早々に撤退。




………で、


もともと

「近所じゃつまらないし」
と思って
選ばなかった

実は今年の初詣で行った
小さな神社

に、そのまま迷わず行きました。


そう

結局これで、
本当のお礼参り。



これまた不思議なもので、

もう

最寄駅に降り立った時点で
なんとなく


「あ、ここで正解だ」

と思った。


神社に着いて
本殿までの階段あがったら、

ちょうどメインのお掃除が終わった頃で。


参拝客は、
小さな赤ちゃん連れた若い夫婦と、
ご近所のおばちゃん2人組

だけ。


あーーこれだーーー
私の描いていた年末詣!

と感動し、


空気もちゃんときれいに感じられて、
気持ちよく手水で清め


心穏やかに

本殿、神様ちゃんと目の前で
お祈り。


初詣でお参りした七福神のほうにも立ち寄り、
お祈り。




…………いやあ


参拝後、

清々しかった。ほんとうに。


ちゃんと、2015年のお礼をして
2016年のお願いができたことへの
安堵と

何より神聖な空気が
今までで一番感じられた気がして。




……やっぱり


お参りは、

自分の身体がどう感じるかも
大事なんだなああと

心底思いました。


年末詣、やってみてよかった。

最初に行った神社も、
あれはあれで
私が心から気持ちよく参拝するためには
必要だったステップで

無駄ではなかった。


結果オーライ!



「私と、私にとって大切な人たちが
どうか元気で幸せに過ごせますように」

とお願いしたので、


もしも
この文を読んでくださっている方がいるなら

大丈夫ですよ!2016年!

そんなあなたは
私にとって、大切な人たちの1人、です。
ありがとうございます。



さあ、明日の出勤からはしばらく
根性入れて乗り切らねば。

あっという間だといいな。。



…再来年こそは、のんびり
ぬくぬくお正月迎えてみたいけどね!



カラフル

*新作はこちら*


あんまり言わなかったけど


こっちでブログを書くようになって、

私のブログで1つだけ

変わったことがあります。


あまりに小さい話で、
前のブログからよっぽど長く読み続けないかぎり
当てられる人はいないと思うけれど。笑



……あのね、


この私が

スピッツの話を
ほとんど書かなくなりました。


(´・ω・`)ワン



ほんと小さい話でごめんなさい。笑

…でもね、

それなりに意味ある話、です。




あくまで「ほとんど」で、
ゼロではないんだけども。
(一応探すのは大変)



私は決して彼らにめっちゃ詳しいファン
ではないため、

前のブログでも
情報ネタを書いていたわけではなく。

ただ、

日々の思うこと感じることを書く流れで
なんだかんだ絡めがちだった…かなと。


ライブに行けるとなれば
少なくともその前後は絶対触れるし。笑

Tシャツデザインでもやたら使っちゃって。苦笑



でもそういうのぜーーーーんぶ


こっちのブログに移してから、
なくしました。




………なぜ?




うん…。



きっと、

「1番だから」

だね。



あんまり言わなかったけど。


1番好きだから、
あんまり言わなかったんです。


………変か。笑




共感してはもらえないかもしれないけど、

1番好きだからこそ、

下手に語るのやだなと
思い始めてしまったというか…


自分のレベルで
あれこれ触れると

私はわかってますみたいな
思いこみ女になっちゃいそうな

なんかただのきもちわるいファンに
なっちゃいそうな


……そんな気がして。

そんなことしたくないなと。


たかがブログで
とてもいらん遠慮ですけども。笑


…まあ私自身がね、
なんとなくもうやだったので。

届かない存在に
好き好き言うの。





じゃあなんで今回解禁してるのかっていえば、

「……たまにだったらいい?」

という心の声が聞こえたからさ。笑




これまた
あんまり言ったことない話ですが、


私ね、

草野さんの「言葉」が

大好きなのです。


歌詞はもちろんだけど、

そこにとどまらず
もう草野さんから出てくる言葉全般。笑

MCでの話だったり、
会報の文だったり、
送られてくるシーズンカードの一言だったり。

そういうのに含まれる言葉ぜーーーんぶ。


ホントちっさいことで
もはや言葉オタクの私しか
感知してないような
ミクロ並のわかりにくさかもしれないけど…。


私としては明らかに

ちがうんです。
他の人間と。


草野さんから発せられる言葉だけは
誰とも被らないというか

同じものを感じない。独特。
(同じことを言っていても)


そりゃ
使う言葉や、話し方が独特な人なら
芸能界いくらでもいるけど、

そういう「作った感」じゃなくて。


ただ自然と無意識に出てくる言葉が、
その人らしさにあふれてる。

でね、
それをこちらも気持ちよく受け取れるから

私は好きなんです。


こればっかりはきっと、
言葉を発する人の芯に

ホントの思いやりだったり
謙虚さだったりがあるからだよ。


なんというか

ちゃんと…


言葉を選んでくれてる感じがする。

いつも。


だから

ありきたりの言葉でも
そこに
その人の想いが宿るような。



優しい言葉は、

本当に優しい人が言ってこそ、
相手をやさしく包む言葉になるんです。

うわべだけの優しい言葉は、
何の力も持たないどころか

相手によっちゃ
悲しくさせてしまうんです。




だからね、

私が「言葉が好き」と表現しているのは

それなり~~~に
深い意味があるのですよ。

本気で敬ってるのですよ。笑



これ以上書くとくどいので

ここらへんで我慢させていただきます。


……また、そのうち?


落ちて空っぽになればそのあと


久しぶりに思いっきり
体調崩した先日。

翌日はもう水分しか摂らず 

体内を一度空っぽに。

セルフ断食。



で、すっかり体は元気になったのですが


このくそ忙しい年末年始に
もう意地でも体調崩したくないと強く思い、


今まであんまりしてなかったマスクを
結構長い時間するようになり

化粧のチークを塗らなくなって4日。



今までシフトの都合で出勤時間遅かったのもあって
夜更かしぎみだったけど、

ちゃんと睡眠はとろうと
(私にしては)少し早めに布団に入るようになって4日。




……今日、
ふと洗顔後の自分のすっぴん顔に触れて



ん………???


これは
も、も、も、もち肌ーーーーーーーー(゜д゜)


なんだこりゃ!と驚く。



……いや一応、

ありがたいことに
肌にはあまり悩まされないほうで、
そんな荒れていたわけでもないのだけど…

にしても!

にしてもだ!


さすがに洗顔後のすっぴんにもなると、
この時期は乾燥したりもしていたもので

決して
このつるつるもちもちでは

ぜったいなかった!!!



なのに何この耳たぶみたいな感じ!!!



……と一人で感動。




それで
一体なぜだろうと振り返った結果、

ここ最近の生活で変わったことは
この
マスク+チークしない+睡眠

だけだったという。。


断食で空っぽにしたのもよかったのかなあ。


結局よくはわからないのだけど。


体調不良後、肌が異常に若々しく…。笑




もうあのイブからのクリスマスはまじで
世の中のハッピーから突き落とされた最悪の気分
だったけど。

落ちて

それで空っぽになって



なんだか結果、肌がきれいになったという。



こんなたった数日の話で
ばかみたいだけど

でも結局、人生もそうなんだと思う。


というか、そうなんだと思いたいし、

思ったほうがいい気がする。


落ちて空っぽになれば

それで余計なもの削ぎ落とされて

そのあと

ちゃんと

生まれ変わる日がくるって。






私、

キングオブコメディ
昔からずっと好きなんだよね。


高校のとき文化祭に
いろんな芸人さんが来てくれてて、
その中でいちばん面白かったの覚えてる。

その頃からずっと。


きらいになったことはない。



今回初めてこんな困る感情知ったけど、

……それできらいには

案外なれないものなんだなあ。


それも、初めて知った。



今でも好きは変わらないし、
また二人のコントが見たいと本気で思う。



だからね、


落ちて空っぽになったら
それで消えてしまうんではなくて


…大丈夫なんだって


信じたい。



私のもち肌感動話なんかと
並べるつもりじゃないけれど。。


どうかこれで
すべてがうまく変わりますようにと

ただただ願ってます。



そんな簡単なことじゃないなんて
ごちゃごちゃ言う人がわんさかいるから、

私は何も言わない。


ただ、きらいにはなりませんよと。




落ちて、空っぽになれば、
そのあと


……大丈夫なのだと。



そう思いたい。


木梨夫妻


普段あんまり
土曜日この時間家にいることないけど、

たまたま観た番組。


とんねるず木梨憲武さんの
初のNY個展!
に密着するという。


なんというか…
少しは知っていたけど

ああ
こんなアーティストの顔持ってる方だったのか!
と改めて驚いて

結局最後までちゃんと観てしまった。 



散歩途中に
心のままに立ち止まっては
景色に目輝かせて
そのまま一気に夢中で描き始める姿が
なんとも…

アーティスト~~~~~~!

と、思いました。
(こんな表現しかできない)

かっこいい~~~と思うし、
ああいうことできる生活こそ

憧れてしまうよね。。




でもね、

私が何より

心からああ素敵だな~と思ったのは、


そんな木梨さんに寄り添う
妻、安田成美さん。


見た目からもう
きれいで清潔感あって、

常に笑顔絶やさず親しみやすそうなのに、
どこかしっかり芯を感じさせる

あの凛とした美しさ。



個展で絵の配置を決めるときね、

目線の高さにちょうど窓があるという
なかなか使いにくい小部屋に
どの絵をどうやって置くか…
みんなで小さい絵をいろんな置き方して散々迷った挙句、

木梨さんが、

大作のどでかい絵1枚を急に動かして
いっそこれ置くか!と
ぶっとんだ提案したんだよね。
(たぶん結構本気)


私はそれを
「あ~それも木梨さんらしくて面白いかも」
と思わず思ってしまったのだけど…


成美さん一人が、超冷静にね

それはちがう
って。

この絵はやっぱり
ここじゃなきゃ
って
元々置いていた一番いいスペースで
説得してた。


…そしたらなんと

あの、あの木梨さんが(バラエティーイメージ)

何の反論もなく

そうか…と素直にすぐ従っていたんですな。。


驚き。。



ナレーションでは、
成美さんが
木梨さんの作品をいかに理解しているかと

木梨さんが
そんな成美さんに絶対の信頼をおいてる
ってことが語られていたけど


もうこちらは
唸るしかないですよね……

この素晴らしき夫婦コンビネーション。


だって素人かつ他人の私はただ
「それはそれで面白い」なんて
簡単に思っちゃったワケで。

お恥ずかしい。。

 

本当に、ちゃんと
描いた本人と、その作品のことを思っていれば

ああいう場面で
ちゃんと正しく導いてあげられるんだなあ。。

これぞアーティストの妻。




NYの公園を二人で散歩しているシーンもあり、

ちょうど樹々が秋らしく色付いて
きれいな景色を見たとき

成美さん「黄色がきれいだねーー」

木梨さん「緑が混じってるから余計いいなあ」

と。


あーー
いいね、こんな会話。

この、木梨さんの「緑が混じってるから」ってのを
私も画面見ながら思っていて、

あーこんな会話できる人もいるんだなあと…。



その樹々が
晴れた空に高く伸びたある部分を見上げて

あーここすごくいい
って木梨さんが感動してたら、


成美さん「これ描いて!」

木梨さん「めんどくせーなあ(笑)」


………ってなんだこの癒し会話!
ジブリみたいだ!笑




素敵だなあ、うらやましいなあと
思うシーンはいっぱいあったけど

一番じんわりきたのは

二人がアトリエで過ごすところ。


アトリエという小さな空間で

それぞれちょっと離れたとこで
それぞれ集中して自分の絵を描いてる

ただそれだけ。


だけど、

木梨さんが
「いいからとりあえずそこにいなよ」って
成美さんに言うんだって。

だから成美さんもそこにいるようになって、

これも二人で過ごす大切な時間になってるのかな
って話してた。


……はああ、素敵だねえ。


何かひとつの作業を一緒にやるわけではなく、
おしゃべりするわけでもなく、
ただそれぞれのやりたいことを

同じ空間で。素敵。


しかし木梨さん

「いいからとりあえずそこにいなよ」って……


やっぱりジブリかよ!!!笑

(あくまでそんなこと言うキャラがいそうってだけ)



私の中で木梨さんはもう
みなさんのおかげでしたイメージしか
なかったし、

成美さんのことはもっと知らなかったので、

色々びっくりしました。


そりゃ番組の構成上
きれいなとこだけ切り取られて
いいように映っただけなことも

あるかもしれないし、

現実はこんなジブリな日々ばかりじゃ
ないだろうけど。


…それでも。

毎日の暮らしの中で、

こんな素敵なシーンが切り取れること自体が
素晴らしい。


だって、そもそもなかったら、切り取れないもんね。




色々あるのが現実だけど、

そんな現実の中に
こんなシーンを散りばめられたら

それなりに煌く日々になる。



木梨さんのことを知らないNYのある人が
個展を見て

「作品は、アーティストの内面を映し出すもの。
彼はきっとものすごくポジティブで
エネルギッシュなんだろう?」

って話してて、

ああ、すごい、伝わるものなんだ
と改めて思いました。


作品を磨きたいときは
人間も磨かないとなんだな。



私は成美さんにはなれないけれど、

せめてあんな女性を理想として

ちゃんと内面も磨いていきたいところです。。


…ま、年明けて落ち着いたらね。笑


死にかかりクリスマス


去年のイブは
仕事大変すぎて終電逃し、
まさかのクリスマス朝帰り。

で、

今年はそこまでには至らず、
とりあえずちゃんと帰れてよかった~

…なんて思っていた、ら。



今年はまさかのイブ夜に

突然体調ぶっ壊し。


人生過去最悪の眠れない夜を過ごし。


翌日、超多忙のクリスマス、
どうしても休めないと
根性で出勤。


ほんとに…


ほんとに……


たぶん2015年で一番
きつかった………。



むしろこれはもう
2016年の厄をすべて先に受け取ったのだと
思いたいくらい。


今日一日
公休でやっとゆっくり休めて


ほんとに…


ほんとに……



健康って有難いなあと………。


心の底から。



だんだん身体が元気に戻っていって

普通の暮らしに近づけられるほど


ただただ
うれしい。ありがたい。 




そんなの
わかってたはずなのに。

そしてこの時期
健康には人一倍
気をつけてたつもりだからこそ


なぜーーーーーーーー!


だったけど。泣




いいの。

キツイの経験するほど、
乗り越えられることは増えるからね。


仕事に穴あけずすんだだけ
ほんとによかった。

ここで迷惑までかけてしまったら、
私の精神
崩壊しかねない。。



もう結果オーライ。



…しかし
気をつけていてこれじゃあ

もうどうしろってのよ…

とはさすがに思うけども。。


まだまだこのシーズン
気を抜けませんな。。



ちなみに病MAXのときは
(病院レベルじゃないけど)
とても他人に見せられた状態じゃないため

ある意味一人でよかったー…
と思ったけど

ある程度身体が戻ってくると

病み上がりの身体を癒すための
掃除洗濯料理が

すべて自分

なことがただただきついものです。笑



だから快復早いのか。




健康でありつづけることは
ほんとに難しい。

だからこそ
なんでもない日々に

心の底から感謝。



最低最悪のクリスマス。
もう二度とごめんだぜ。。

来年のクリスマスは、
心穏やかに過ごせたらもう

文句言いません。まじで。




さあ早く
愛しの布団へ帰りましょう。

憧れの68歳


むぇーーーっちゃづがれだ…


と、ここ最近で一番の
クタクタ帰宅。


なんとなくテレビ点けたら

小田和正さんの「クリスマスの約束」 



…………。


いやーーーーー



途中からだけど

思わず録画
しちゃいました。。


この放送のCDがあるなら
ぜっったい買いたい!
と思ったくらいだけど。。

毎年一夜限り

だからこその
貴重さも
かけがえのないものだもんね。




いやーーーーー



ほんと素晴らしい。

疲れが見事に癒された。

すごい。


かっこいいとはこのことか…

と何度思わされたことか。


そんじょそこらのイケメンより
何十倍も惚れちゃう68歳。


恋するフォーチュンクッキーは
予想外すぎてやばかった。。

小田さんの゛告りたい”…ね。笑



和田唱さんとのハモリが
終始心地よすぎて
ズバ抜けて素晴らしかった。

みっちり練習してきた徹底感と、
純粋に心から楽しそうな感じが

絶妙に混じり合ってて。


HY仲宗根さん、松たか子さん、JUJUさん
それぞれ全然ちがう歌声の女性陣も

ぜーーーんぶ
小田さんと歌うと
それぞれの良さがこれでもか!と引き出されつつ
しっくりくるハーモニーで。

委員会バンドもしかり。




いやーーーーー



…観られてよかった。

もうそれに尽きます。


いつもなら睡魔に襲われる時間でも
がっつり見入って(聴き入って)しまった。

コピーをここまで徹底してやってもらえると
こんなにも聴き応えあって
嬉しいものなんだなあ。。



これ以上ないくらいの練習量で

「なんでそこまで自分を追いつめて…?」
というスタッフの問いに


ここでこんな中途半端なものを提供して、
それで判断されて…
それでいいのか?っていうのは、
常にあるよね



と話してた小田さん。


あれだけいろんな他人の楽曲を
(しかも英語率高し…)

1つも楽譜見ないで
弾き語ってたのが

私の素人目線ではもう感動だったのですが。。


それだけ相当詰め込んで準備してきた

ってことだなあと…

このお言葉で改めてしみじみ。。



いやあ…


努力する人しか、言えないことよね。
ほんとうに。





今日めっちゃ疲れたけど、

最後にこんな素敵なもの観られたから
もう
すべてよし。

そういえば去年のイブは
もっと残業ひどくて
まさかの終電逃したんだった。笑

それを思えば今年は全然OK!



とてもとても追いつけない
憧れの68歳。

それでもその素晴らしさの元には

あれだけの一生懸命が
あるんだなあと

見せつけられて


なんだかもう…



明日もなんとか

がんばろうと思うよね。笑


まだまだ大変だけども。
なんとか!




ぐったりきたら、

また


小田版フォーチュンクッキー

観よう。笑



醜い負けず嫌い


ものすごく負けず嫌いな人がいて、

私は正直
かなり

これにうんざりしている。



…私もね、
負けず嫌いなタイプだとは思う。

実際それで頑張れることは
よくあるし、
決して悪いことだとは思わない。



だけどね…

この人の負けず嫌いは、

もはや「醜い」と思ってしまうのです。


レベルが低すぎて。




この前、家までの帰り道で
小学生くらいの女の子が3人

「猛獣狩りしよー!」って誰かが言って
遊びながら帰ってた。


猛獣狩りに行こーよ
猛獣狩りに行こーよ

猛獣なんて怖くない
猛獣なんて怖くない・・


……あー懐かしい~
私もこのゲームやってたなー

と思って
つい聞き耳たててたら。


一向にですね、
進まないの。彼女たちのこのゲーム。


本来このゲームは
何かしらの動物の名前を言われて、
その文字数に合わせた人数でグループになる
(グループ作れなかった子が負け)

ってところがメイン
なはずなのに。

彼女たちはずーっと何回も
最初の歌を歌い直して、

一向にゲーム部分にたどり着かない。


…なんでか。



やたら「ちがうよ」って言いあってたから
なんだな。



猛獣狩りに行こーよ、猛獣狩りに行こーよ
猛獣なんて怖くない、猛獣なんて怖くない

槍だって持ってるもん
槍だって持ってるもん

「ちがうよー」

「え?」

「槍だって持ってるし、だよー!」


(……私のときは「もん」だったけど?苦笑)


「えーちがうよお」

しばしモメる3人。


その後しばらくして
再び最初から歌い直す彼女たち。



猛獣狩りに行こーよ、猛獣狩りに行こーよ
猛獣なんて怖くない、猛獣なんて怖くない
槍だって持ってるし!槍だって持ってるし!

(……他2人負けたのか。。)


鉄砲だって持ってるもん
鉄砲だって持ってるもん

「ちがうよー!」



………で、エンドレス。



そもそもこれ、1クラス分くらいは人数いないと
やりがいのないゲームで、
たった3人でやるもんじゃないけども。
(案の定、最終的に「ラ・イ・オ・ン!」と1人が言って
「あれ…?」と微妙な空気になっていた。。笑)

まあ、そこは置いといて。



このね、
小学生の「ちがうよ病」を

いい加減うんざりしながら聞いてて
思ったの。


…あ、あの人もこの病気なんだわ、
って。



どーーーーしても
自分が常に優位でありたいんだよね。

それが一般的には「え、こんなことでも?」って思うような
「いやそのくらいどうでもいいじゃん」って思うような

まさにこの猛獣狩りゲームレベルのことでも。


ちょっとでも違和感あれば「ちがうよ」って正したい。
自分が間違ってないと言い切りたい。
そして絶対譲らない。


……それでも人間、間違ってることもあるから
これだと
周りが困るのだよ。。

そんなとこで意地張られても。


ゲームに関係ない「歌」の部分で突っかかるように、

別に勝負事でも何でもないところで
負けず嫌いが出て抑えられないのが、

幼さ、であり

醜さ、なんだな。



その人、

「忙しくて大変だった」って私が言うだけで

ぜーーーーーーったい

自分の方がいかに大変だったか
あなたのそれはいかに大したことないか

をアピールしてくるのよね。。
こっちが引くくらいに。


まじでどうでもいい勝負。。
てか別に競うとこじゃない。。

……と私の心の声がつぶやいて
うんざりする。


私は別に大変さ比べをしたくて
こんなこと言ったんじゃないっす…と。



そうやって強気でちっさいことを言ってくる姿は
いつもほんと見てて辛い。

これは

いい大人なのに
小学生のちがうよ病
がいまだに治ってなかったからか。




負けず嫌いは、
レベルの低いことで出すほど

醜い。

人として付き合いにくい。



…強くこだわらず

さくっと折れたほうが
大人なことも


あるよね。


そもそも勝負すべきじゃないことは、

世の中山ほどあるのだ。


捨てたいけど捨てたくない


この先、年明けまでずっと
忙しくなるから

今日、大掃除しようと決めていた。


普段の掃除に加えて
窓ふき、キッチン、バスルーム。

いやはや…
換気扇の油汚れよ…

まじでエアコン掃除と並んで強敵だわよ…。

これを掃除する裏ワザくらい
調べてから手をつければよかった。。


…ま、とりあえず!
やらないよりマシってことで!

これでどうか
2016年も気持ちよく迎えられるように。



……で。

大掃除をすると大抵、
ちょっとした模様替えもしたくなるもの。

結局そこまでの時間なくて
手をつけられず…だけど

ひとつ

やっぱ年内にどうにかすべきかな

と思う物が、ある。


それはね、

ちょうど1年くらい前に
ある本を読んで
置き始めたもので
(開運の壺とかじゃないです。笑)

正直…

これの力は地味にすごかった。


何がどうって具体的に起きたわけではなく、
まだ誰にも言ったことないけど。

ただシンプルに

私の毎日がなかなか
穏やかになった。笑


でもこのことが、
とんでもなく凄いことなのです。


別にね、やってる仕事は今も変わらないし、
周りにいる人もそこまで変わってない。
毎日の暮らし方はそこまで変わってない。

ただ

…それを置くまではずっと

ホントに私はいろんな出来事に振り回されてて、
人間関係の悩みは尽きないし、
仕事も楽しいなんて思えなかったし、
常に情緒不安定で、イライラしてばっかだった。


……それらが落ち着いた

ってことだけで、
ものすんんんごく

私にとっては快挙。本気でありがたいこと。
今もすごく感謝していること。


だから、これを私はずっとそのまま置いていて、
もう1年になる。



…そんなこれを
今どうにかしようと思い立っているのは、



そこに詰め込んだ肝心の希望は
何一つ実現しなかったから


なんだな。



元々は、そのために置き始めたもの。

でも結果として、
私の日々は明らかに改善されて
意味はあった。力は間違いなくあった。


だから…来年は


いったん
そこに1年前の自分がのせこんだ想いを
リセットして

もっとそのものの力を発揮できる存在

に変えなきゃいけないんじゃないかな


…と。



この1年で、ベースは整えてもらったから。

年明ける前に
メンテナンス

というよりリフォーム

すべき気がしてる。


来年もまた
私が同じ道をたどってしまわないように。



……ただね、

問題は


私がそれを捨てられるのかどうか
です。

1年前の自分がそこに詰め込んだ想いを
捨てられるのかどうか。



これを捨てなきゃ、

何も変わらない。変われない。



そんなのわかってる。
ずっと前から。

むしろ毎日思ってるくらい。




そもそも叶えたいことがあるとき、

いちばん邪魔をするのはたぶん

この自らの「それは無理だ」って気持ち。


それと闘っているかぎり、
叶わない。



じゃあ

自分がそう思わないくらいの願いに
変えればいい。
詰め込む想いを変えればいい。


……と思うものの、

捨てられない葛藤が
あるわけさ。。悲しいかな。



どうせ捨てなきゃいけなくなるなら、

はじめから持たなければよかった。


好きになるべきじゃない人とは

はじめから出会わなけりゃいいのに。




……でも。ね、

そんなこと言ってたら
究極は

「どうせ死ぬなら、生まれなきゃよかった」

ってことになっちゃうわけ。



………うーーーん。


出会ってしまったものを
決して無駄ではなかったと思えるように


そこに詰め込む想いを

変えていかないといけない


ね。私よ。



livedoor プロフィール
販売中アイテムご紹介★