隣の芝生はエメラルドグリーン。

みんなの芝生がキラキラでせつないけど、 なんとかウチの芝生も愛したい・・・そんな日々。

◆Tシャツ・トート販売中◆
SHOPはコチラ http://www.ttrinity.jp/shop/3733373/

いつのまにかは必ず




今月で私が辞めるからと、

いろんな人がわざわざ会いに来てくれてる。



お世話になった先輩も、
卒業していったバイトさんたちも、
上司も、常連さんも。。



このお店には
3年半しかいなかったから

実は、まさかこんなに名残惜しまれるとは
思っておらず


私自身、そこまで未練もなかった。


またいつでも遊びにくるよ、すぐ会えるよ、
って。





だけど。。。。


一緒に働けるのが今日で最後
ってバイトちゃんが


仕事終わりに、ものすごく泣いてくれて。


今まで一緒に仕事してきて、
その子の泣き顔は一度も見たことなかったから

どんなに叱られても泣かない子だったから



内心ただただびっくり。



初めて、ああ、この子置いてくのは
心苦しいな、って辛くなった。



同時に、今までで一番、
ああ
私って、いて意味あったんだなあって
思わせてもらった。



その純粋な涙があまりに有り難くて。

仕事以外の話を自らしてくることはないくらい、
無駄話はしない子だったのに


泣きながら

ただただ、いかに私に感謝してるか
尊敬してるか、憧れてるか

必死で話してくれた。



私自身がすっかり忘れてるようなことでも、

こんなことしてくれた、
こんなふうに優しくしてくれた、
こんなことがほんとに嬉しかった

って
いっぱい覚えててくれて。



ああーーー……

かわいいなあって。




私はそんな大した人間じゃないよ、
ほんとだよ

って笑って返したけど

これは100%本音。




こんなふうに、
伝えたい気持ちをこんなに素直に
ちゃんと直接伝えられるあなたが

いっっっちばん素敵なのよ。







「私も〇〇さんみたいになりたい」

って、大真面目に言ってもらうことが

ここしばらく続いていて、


私…

いつのまに、そんなポジションに来てたんだろう
って


ふと思った。



まだまだぺーぺーのつもりでいたのに、
いつのまにやら後輩だらけで。

いつのまにやら
見上げてもらう立場だったんだなあって。


自分としては、
とてもじゃないけどそんな人間じゃなく。。

いまだにミスもするし、注意だってされるのに
うまい具合にみんなには見えてないのかしら?と。






でも、急に思い出したんだよね。

自分も、大学時代
バイト先のある社員さんに

これに負けないくらい、憧れてたこと。


私はものすっっっごくその社員さんが好きで、

その人のすることすべてが憧れで、
尊敬していて、

「〇〇さんみたいになりたい」って

本気で思ってた。


私の後輩に負けないくらい、
私も別れのとき、この社員さんに熱い気持ちぶつけてた。。







そっかあ…



私も、いつのまにやら


あの位置に来られてたのかなあ…





誰かにとっての、
あんな存在に

なれてたのかなあ…








そう、思うと


私も泣きそうです。苦笑




だってほんとに大好きだったんだもん。
素敵なお姉さんすぎて。

私も、それに
近づけてたのかなあ。。



…………いつのまにやら。









歳をとったなあって、
もう若手じゃないんだなあって、

感じるのは切なく複雑なんだけど、


「いつか」と自分が願っていた未来が

「いつのまにやら」やってきている現実に



少し、励まされる。





必ず、くるもんなんだなって。
いつのまにかは。








それも、「ああやっと」って思うんじゃなくて、
「いつのまにか」なんだな。

うまくいかなくて必死な日々も、
先が見えなくてただ悩む日々も、

過ぎてみればあっという間で、

必ず終わりはくるんだな。








…………私はね、

味方につけると、超ラッキー人物なんだよ。

ドン引きするくらい、支えたがりだから。笑


SOSは見逃さないし、
私にできることはトコトンやる。



自分のため、より
他人のため、のほうが力出るタイプだから。




私に好かれたら、もう安心。

私に憧れを伝えてくれたら、
全力サポートに予約したようなもん。笑





私に去られる痛手もあるだろうけど、


これだけ必要としてもらえる場を去る私こそ、
また心強くしなきゃです。。

また、一からだもの。


居心地のいい場所は
時間をかけて作っていくもので、

今の場所だって、本当はやあっと手に入れたもの。



それをあえて手放すのは、


またいつかはそんな日がくるって

「いつのまにか」は必ずだって


信じられるようになってきたからかなあ。





誰かを悲しませる以上、
私もそこに悔いを残さないように。



別れの切なさが、背中を押すこともある。




その切なさも、いつのまにか
笑って振り返る過去になっているように



今はただ、願うのみ。







複雑女でごめんなさい



ウクレレをきらいになったわけじゃ
ないんだけど、

本当は、
まだまだもっと練習したいんだけど、


通ってるレッスンを
サヨナラしようと思う。 





・・・・・・・で、


そんなこと言ったらきっと
「理由」を聞かれてしまうと思うけれど、

私はその理由がうまく言えない。
まとめられない。


なぜなら、自分でもよくわからないから。



ただ、

レッスン行きたくない病が半年ほど治らなくて。

先生に会いたくない病がひどくて。





思い当たることは、色々ある。


単純に相性ってのもあるけど、
私だって一応
大体の人とはそれなりに大人として
うまく割り切ってつきあえる、はず。

だから、相性だけの問題ではないと思う。


そうじゃなくて、もっと
感覚的なところ。


・・・・だから、うまく言えないんだけど。









先生は、

私は「困ったらスピッツの話すればいい子」

と、思ってると思う。


ここ最近、レッスンに拒否反応出てる私を
わかってたはずで、

極端な私は、
OFFモードに入ってしまうと本当に
なんの言葉も出てこなくなる人間なもので

さぞかしお手上げだったんでしょう。



私に気分転換させようと

「前やってたスピッツの曲でもやりますか?」だの

「他にスピッツで何かやりたい曲は?」だの聞いて

やたらスピッツをやらせようとするわ、


「そろそろ新曲とか出ないんですか?」
「ライヴとかは?」
「ツアーは?」


・・・・・と、ひたすらスピッツの質問攻め。毎回。






勘弁しておくれ。


私は、そりゃスピッツが好きよ、大好きよ。

それらの質問にはもちろん
答えられますよ。




・・・・だけど。

ぜーーーんぶ
気のない返事で答えた私。

だって話す気ないから。





私は、嘘が下手なんです。

「大好き」をわかりやすく見せる分、

「いやだ」も隠せないんです。




スピッツの話をしたくないんじゃない。

先生に話す気がないだけ。


スピッツの曲をやりたくないんじゃない。

先生に習いたくないだけ。




・・・・前からずっとそうだったわけじゃない。

むしろ、前はそんな感情はなく、
スピッツでご機嫌になる奴だった。

だからこそ
先生は、スピッツ攻撃をしてくるんでしょう。


でもいつからか、

私は、この先生とスピッツの話をするのが
すごくいやになった。

習ってた曲も途中で終わらせたくらい、
この先生とスピッツの曲やりたくなかった。





たぶん・・・・


先生が、私の「ご機嫌取り」に
いつもスピッツを使ったからよ。



そうやってやたらスピッツの話を振ってくるわりに、

今までに私がしたスピッツの話は別に覚えてなくて
あっさり同じこと聞いてくるから
どんどん私をげんなりさせていったのよ。


やりたいスピッツの曲でいいって言うわりに、
有名ドコロ以外は知らなくて
あんまり乗り気で教えてくれないし、
原曲のコード進行に関してあれこれ言って

「草野さんの曲が大好き!!!!」な私の心を
あっさり冷めさせる。




そう、
そんなモロモロの積み重ね。



別に1個の理由で私は病にかかったわけではなく。

いろーんな小さな、小さなことが、

私がスピッツが大好きだからこそ
引っかかっていって





もうこの人のところで弾きたくない





に到達した。






悪い人なんて思ってません。
責める気もありません。
私にウクレレを教えてくれて、感謝しています。
それは本当に。


ただ、

私との距離のとり方が下手だった。

私の複雑部分を、
ほっとけばいいのに
何とか近づこうとしてくるから。


スピッツの話をテキトーにする時点で、
私が心開くワケないのにね。

わかる気ないなら、しなきゃいいのに。




私とうまく長く関係を続けられる人は、

私の複雑部分に突っ込んでこない。

私が見せようとしない部分に、
わざわざ突っ込んでこない。

いつまでも。



・・・・・・そういう人に、
私はいずれ

自らポロっと話したりするんです。





レッスン辞める理由は、
そんな単純じゃない。

わかりやすく言える理由じゃない。


ただ、感覚的なもの。





先生に申し訳ない気持ちは
とてもあるのだけど。。。。



複雑女が、長く滞在し続けられる場所って

あんまりないんです。



永遠に追いつかない歳



「そのピュアさだけが心配」



……と言われた。





ピュア、って

女子はふつう喜ぶ言葉なんだろうか。


うーーん
本当に「女子」と言っていい歳なら、ね。





残念ながら、
私はこれを言われて悲しかった。


ああそうか、
私って結局まだそう見えるのか・・・・

と。




いい加減
少しは大人になったつもりだったのに。


実際は全然らしい。


できれば
「きれいになったね」と言われたいのに、

いつまでたっても
「変わらないね」と皆口をそろえて
嬉しそうに言う。




きっと
永遠に、本当の歳に追いつかない私。







好きでピュアなんじゃないよ。


年相応に「濁り」を得られる薬が
もしあるならば、

たぶん私はとっくに迷わず飲んでるよ。



老けたいのではなく。


年相応になってみたいの。







みんな大好きガッキーこと
新垣結衣ちゃん

が、私も大好きなんだけど


ここしばらくずっと

彼女の歌を聴いてる。


昔出してたアルバムを、レンタルして。




・・・・すごくいいんです。

この、

思い悩む複雑な心に彼女の歌声が。





優しくて、可愛くて、澄んでいて、


そしてピュア

な、歌声。







ああ、そっか

ピュアって、別に悪いもんじゃないよね。

こんなにも癒されて

安心するものなんだね


・・・・って、気付かされる。




ガッキーは、
ネガティブとポジティブの割合が絶妙だから
私は好き。

可愛いだけであんなにも愛されてるわけじゃ
ないと思う。






・・・・・そう生きたいね。

色々抱えるこの気持ちも、ネガティブも、

それが
どうにもならないピュアに

唯一無二で、独特の味付けをしてくれたなら。







早さにも意味がある



「1週間以内には」

と、言われつつ


翌日の午前中にはもう連絡が来た。




正直、そこで言われた内容よりも


私はこの早さのほうが
嬉しかったかもしれない。







そう、


早さが、意味を表すこともあるの。




迷わなかったよと。

もうあの時点で決めていたよと。 







期限は伝えているのだから、

その期限内なら別に待たせたっていい。

そこをギリギリにしたって、
別に約束を破ったことにはならないんだから

「念のため」

として、

ギリギリまで連絡しないことは、アリだと思う。


たとえある程度答えを決めていたとしても。





それでも、


すぐ、決定の連絡をもらえることは、


それ自体が相手の想いになる。

何よりもわかりやすく。






だから嬉しかった。







正直、
手応えは感じていたから、

こうなる予測はしていた。



だから、この早さのほうが嬉しかった。


他の人を待ったり探したりせず、
私にしてもらえたことが。







私は、




必要としてもらわなきゃ生きてけない。




必要だって


わかりやすく
伝えてもらわなきゃ



生きてけない。











まだまだこれから。





まるでオカズの作り置き



家政婦ガッキーが、
プチ家出するときに

雇い主 星野源のために
オカズを毎食分ずつ小分けにして
大量に作り置きしてた


・・・・・のを、


なんとなく思い出した


ような書き方になったけど。笑



ブログをまるでオカズのように作り置き。


全部いっぺんに食べちゃダメですよ。
気持ち悪くなりますからね。(マジで)



1つずつ、


「ああ、まだ更新されないな」って時に

代わりに消化してください。





「音とメロディーは変えないで」

「ナイスフォローな人」


「ほんとに好きか知りたいなら」

「カラオケの話」

「妄想リスニング」


「おつかれさん。」

「強烈フィルター」

「妄想も想像も」


「聴き心地」


「書き残す意味」

「大好きありがとう」






今の仕事に猛烈に追われながら、
次の仕事も探す私は
なんだかんだ、ゆっくり文を書く余裕がなく。。

でも、

話は聴いてほしい

がゆえに、こうしました。



全部、私がこの1年で書いた
スピッツに触れてる話です。


食べたことある方は、ごめんなさい。




落ち着いた日にまた、

美味しく味わってもらえるオカズを
作るから


しばらくは、レンジでチンでごめんね。





・・・・・なんて


ガッキーになりたがってすんまへん。





できれば、他も?



ここのブログで
ずっと不思議なことがあって。


もしランキングつけたら
絶対
ダントツ

この記事が1位だろ、


ってくらい、極端に
読まれ続けている文があるんです。



それはもちろん、

書いた側としては
とてもありがたいことなのですが。。


一つ、私としては

切ないことがある。



それは、

この記事を読む人(たち?)は
決まって


それしか読まないんだよね。。


おそらく。




アクセス解析で
私は、「どこのだれが読んでいるか」
まではわからないけど

そのアクセスをした人がどういう順序で
どのページに訪問したか

なら、わかる。


そこから読み取る限り、
この記事を読む人(たち)は、

他を読んでいない。ほぼ。




……一見さんならね、わかるのです。
目的の記事しか読まずに去られても。



だがしかし。


複数回訪問して、
常に同じ記事にしかアクセスしない…

となると、


不思議だわ、切ないわで。。


複雑。苦笑





なんだろう。

なぜ、今でも読み続けてくれるんだろう。

なぜ、他はだめなんだろう。笑




できれば、
他も、少しは、、、
立ち寄ってみてほしいのだけど…?


と思ったからね、
久しぶりに、その当時つけたタグを
もう一度つけて
更新してみる。

そしたらこの文も
偶然、目にとまったりしないかなあって。











私、スピッツが大好きだから、
いちばん好きだから、

世の中に溢れる
スピッツの曲のカバーには
そう簡単に「好き」って言わない。

原曲よりいいなんて
絶対思わない。(若干の意地)


私にとって、スピッツの曲は、
いつだってスピッツの演奏がいちばんだもん。
草野さんの歌がいちばんだもん。

ぜーったい!



特に、原曲を変えて歌われるほど、
やだーって思う。
(上げないとこ上げたり、伸ばさないとこ伸ばしたり)

私はあのメロディーが好きなんだい!って。








………ただ、



亀川アキさんのカバーは、



いいなと思いました。



聴き心地がいいなって。

とくにご自身のハモリが素晴らしくて。


あーきれいだな
ずっと聴いてたいなと

思える歌声。




私、Twitterはめっきり見なくなってるんだけど、
この亀川アキさんを検索してTwitter見てみたら、

面白かった。笑


爆笑する感じではなく、
じんわり。


たびたび登場するうさちゃんが
また超かわいくて。



私は、
ハッピーハッピーしてても器の浅い人より、

何か抱えてそうでも深みのある人

のほうが好き。


いろんなこと考えてる人が好き。

言葉を大切に使う人が好き。




………そんな感じ。


そんな人の「カバー」には、
ちゃんと愛がありました。


うん、そうだよね、この曲ってやっぱ素敵よね、

と再認識させてもらえるカバー。




このお方の歌声が
もっともっと遠くへ行って、

たくさんの方を癒したらいいなあと思います。






まずはこの文が
「あれしか読まなかった人(たち)」に
届くことを願って。


……アルバムで、1曲しかずっと聴かれなかったら
つらいでしょ?
そんな気持ち。笑



できれば、他も。

嫌な思いはさせません、きっと。







livedoor プロフィール
販売中アイテムご紹介★